日本マクドナルド、「ママ目線」で食の安全確認

5月12日(火)16時0分 J-CASTニュース

   日本マクドナルドは2015年5月11日、食の安全に関心が高い母親の視点を衛生管理などの取り組みに反映させる「Mom's Eye Project (ママズ・アイ・プロジェクト)」を開始すると発表した。賞味期限切れ肉の使用や商品への異物混入の問題によって深刻化した顧客離れを食い止めたい考えだ。

   放送作家の鈴木おさむさんをプロジェクトリーダーに、料理研究家やブロガーとして活躍する現役の母親たちが毎月1回程度、意見交換会を実施。特設ウェブサイトやSNSを通じて募った一般の母親らからの意見や質問をもとに改善策を議論する。


   話し合いの内容を受け、国内店舗や工場などの視察も行う。まずは意見交換会の参加メンバーが視察を行うが、今後は公募で選んだ一般の母親による視察も予定している。母親たちの目で品質管理体制をチェックしてもらい、特設サイトやリーフレットなどレポートを発信する。

J-CASTニュース

マクドナルドをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ