注目ワード東京・登場 島田紳助・理想の生き方 子犬・ 週刊新潮・セクハラ 公務員・川内優輝 2017秋・髪型

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

2014年の花粉症に関する実態調査

PR TIMES5月12日(月)14時36分
画像:2014年の花粉症に関する実態調査
写真を拡大
画像:2014年の花粉症に関する実態調査
写真を拡大
画像:2014年の花粉症に関する実態調査
写真を拡大
画像:2014年の花粉症に関する実態調査
写真を拡大
画像:2014年の花粉症に関する実態調査
写真を拡大
■今年、花粉症を発症したのは41%
花粉飛散量の多かった2013年調査と比較すると4ポイント減少

■今年、花粉症症状があった人の三大症状は「鼻水」86%、「くしゃみ」80%、「目のかゆみ」77%
鼻症状有訴者は95%

■花粉症有訴者の花粉対策は「マスク使用」62%がトップ
処方薬の利用者は38%、市販薬の利用者は36%と同程度
効果感は処方薬、市販薬を問わず薬剤の効果感は7割を超えて高い

■花粉症有訴者のうち、今年病院を受診したのは31%
「毎年行っているので」48%、「医者の診察をしてもらいたいので」36%などが主な理由
非受診理由は「それほどひどい症状ではない」42%「市販薬で対応できる」36%「病院に行くのが面倒なので」34%

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:杉本哲哉)は、
2014年の花粉症の実態と対策について、全国の20〜69歳の男女を対象に調査を実施しました。
調査手法はインターネットリサーチ。調査期間は2014年4月17日(木)〜4月21日(月)。有効回答数は989名。

<調査概要>
調査方法 :インターネットリサーチ
調査対象 :全国20-69歳 男女
今年、または昨年花粉症を発症した者
調査日時 :【事前調査】2014年4月14日(月)〜4月16日(水)
     【本調査】2014年4月17日(木)〜4月21日(月)
有効回答数 :【事前調査】5,000サンプル(人口構成比にあわせて回収)
      【本調査】989サンプル(スクリーニング結果より有訴者比率にあわせてウェイト集計)
調査機関 :株式会社マクロミル


■今年、花粉症を発症したのは41%

人口構成比にあわせた5,000サンプルに花粉症の症状有無を尋ねたところ、
2014年に花粉症を発症したのは41%でした。
花粉量が多かった2013年調査と比較すると4ポイント減少しています。(2013年調査は3,000サンプル)

■今年、花粉症を発症した人の三大症状は「鼻水」86%、「くしゃみ」80%、「目のかゆみ」77%
鼻症状有訴者は95%

今年、花粉症を発症した人に症状の種類を尋ねると、
三大症状は「鼻水」86%、「くしゃみ」80%、「目のかゆみ」77%でした。
「鼻水」「くしゃみ」「鼻づまり」のいずれかの鼻症状がある人は95%と、
花粉症=鼻の不快症状と定着しているようです。
このほか、「喉の痛み」「肌荒れ・肌のかゆみ」「頭痛・だるさ」も3割前後が感じています。

■花粉対策は「マスク使用」が62%でトップ
処方薬の利用者は38%、市販薬の利用者は36%と同程度

今年または昨年、花粉症を発症した人に、実施したことがある花粉対策を尋ねたところ
「マスク使用」が62%と最も多く、一人平均2.8個の対策を行っていました。
今年、処方薬や市販薬(内服、点鼻、点眼のいずれか)を利用したのはそれぞれ4割弱で、
処方薬と市販薬を併用しているのは全体の1割程度でした。
最も多い組み合わせは「処方の鼻炎薬」+「市販の花粉用目薬」でした。
また、ここ数年広告などの露出が増えている「花粉対策メガネ」の使用率は8%にとどまっています。
これまでに行った花粉対策について効果感(「効果があった」+「やや効果があった」)を確認すると、
最も効果感が高かったのは「処方された鼻炎薬」85%、「市販の鼻炎薬」83%、
「処方された花粉用目薬」82%、「処方された点鼻薬」77%と
薬剤の効果は処方薬、市販薬を問わず7割を超えて高い効果感が得られています。


■今年病院を受診したのは31%

今年または昨年花粉症の症状があった人の中で、花粉症で病院を受診したのは31%でした。
そのうち初期治療を受けたのは半数弱の14%でした。
受診者の受診理由としては「毎年行っているので」48%、「医者の診察をしてもらいたいので」36%といった理由が上位で、
「市販薬は効かないと思うので」19%、「市販薬を使ったが効かなかったので」11%
といった市販薬に対するネガティブな項目は相対的に低位でした。
一方、非受診理由では、「それほどひどい症状ではなかったので」42%、
「市販薬などで対応できると思ったので」36%といった理由が上位のほか、
「病院に行くのが面倒なので」34%、「病院に行っても完治するわけではないので」21%
となり、病院に対して一定のハードルがある様子がうかがえます。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ワード

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

注目ニュース
東京駅の自販機で「売り切れ」続々発生も「頑張れ!」「もっとやれ」の声 背景にサントリーグループの残業代未払い問題 ねとらぼ4月19日(木)16時13分
東京駅構内の自動販売機で現在「売り切れ」が続々と発生中——というツイートが話題になっています。ツイートを投稿したのは「ブラック企業ユニオン…[ 記事全文 ]
スバル、数百台で燃費改ざん 来週にも報告 共同通信4月19日(木)9時56分
SUBARU(スバル)が新車の燃費や排ガスの検査データを改ざんしていた問題で、対象となった車が数百台に上ることが19日、関係者への取材で分…[ 記事全文 ]
"叱られたことのない人"を叱ると殺される プレジデント社4月19日(木)9時15分
滋賀県彦根市で交番勤務の19歳の男性巡査が、同僚の41歳の巡査部長を拳銃で射殺した。精神科医・片田珠美氏は、「加害者は『間欠爆発症』の可能…[ 記事全文 ]
世界的に見て日本の労働者が低賃金な理由 プレジデント社4月19日(木)9時15分
人手不足にもかかわらず、日本の賃金が上がらない。OECD加盟国では、首位のルクセンブルクに遥か及ばず3万9113ドルと中の下の位置づけ。理…[ 記事全文 ]
SUV人気が衰えない3つの理由 ライバル不在の競争で品質向上 NEWSポストセブン4月18日(水)7時0分
国内外を問わず自動車メーカーがこぞって新型モデルを発売し、ブームが続いているSUV(スポーツ用多目的車)。近年はアウトドアやオフロード走行…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア