ミネラルたっぷり!海とアマゾンのクレイを配合。もっちりクリーム泡で毛穴やキメの汚れをしっかりオフ。ミネラル洗顔料で、洗うたびに明るく、うるおう肌へ。ジェノマー フェイシャルフォーム

5月12日(金)15時56分 PR TIMES

株式会社ドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:石原智美)は、老化を遺伝子レベルから研究したエイジングケア※1 コスメ「ジェノマー」より『ジェノマー フェイシャルフォーム』を、全国有名百貨店・直営店等にて2017年5月12日より発売いたします。

『ジェノマー フェイシャルフォーム (http://www.genomer.jp/products/facial_foam.html) 』は、クリームのようなもっちり弾力泡で、洗うたびにうるおいのある明るい素肌に整えるミネラル洗顔料です。海とアマゾンのミネラルクレイ*1.2が、毛穴やキメの奥の汚れを吸着して、不要な角質もオフ。澄んだ明るい素肌に出合えます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/2961/136/resize/d2961-136-121142-1.jpg ]


2002年2月より販売を開始し、今年生誕15周年を迎えた「ジェノマー」。今までのアプローチに加え、新たに、肌自らが美しさを目覚めさせる“美肌※2 スイッチ”に着目し、さらなる進化を遂げました。ジェノマー独自の“3つのアプローチ”で、まだ眠ったままの美しさが目を覚ます、満ちてくるうるおいと羨望のハリ感をお届します。


[画像2: https://prtimes.jp/i/2961/136/resize/d2961-136-419532-0.jpg ]



■キメと明るさを整えるミネラル洗顔料
〜 海とアマゾンのミネラルが、細かな汚れまでしっかりオフ 〜
古い角質を取り除き、肌本来の働きへと整える“落とす”ケアは、エイジングケア※1の基本。上質な洗顔を行うほど、次のステップである“与える”ケアの効果がより一層高まります。

『ジェノマー フェイシャルフォーム (http://www.genomer.jp/products/facial_foam.html) 』は、たっぷりのミネラルを含んだ天然由来の2種のクレイを配合。とても微細で毛穴やキメの奥の汚れまで吸着する「海のクレイ*1」と、穏かなピーリング作用で不要な角質を除去する「アマゾンのクレイ*2」が、肌表面をやさしく洗い上げ、澄んだ明るい素肌に整えます。また、「マンダリンオレンジ果皮エキス」などの美容成分*6が新たに加わり、お手入れ前の素肌を整え、スキンケア効果をサポートします。

さらに、洗うたびに肌がうるおう満足な仕上がりを叶えたのが、うるおい洗浄成分「モイストシート*7」。肌表面に疑似皮脂膜を形成することで、皮脂の取り過ぎを軽減し、肌のうるおいとバリア機能を守ります。うるおい成分*8や肌を守る「ハゴロモグサ葉エキス*9」も配合し、至福の洗い上がりを実現しました。

クリームのような濃厚もっちり泡で、肌にやさしいクッション洗顔を実現。マッサージをしながら汚れを落とすことで明るい素肌へ整えます。ジェノマーオリジナルの爽やかでやさしいグリーンティーの香り。

※1 年齢に応じたスキンケア
※2 肌に艶のある状態

*1 海シルト(汚れ吸着成分)
*2 カオリン(汚れ吸着成分)
*3 トリフルオロアセチルトリペプチド-2(整肌成分)
*4 加水分解ダイズタンパク・加水分解酵母タンパク(整肌成分)
*5 ペンタペプチド-48・加水分解アルギン・海水(整肌成分)
*6  <ダメージマネージャー>システイン/オリゴメリックプロアントシアニジン・PVP・アルギン酸Na・キトサン・ポリ-γ-グルタミン酸Na・アルロン酸Na、マンダリンオレンジ果皮エキス、アーチチョーク葉エキス(整肌成分)
*7 オリーブ油PEG-7カルボン酸Na(洗浄保湿成分)
*8 加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、セラミドNP、ポリクオタニウム-51(保湿成分)
*9 整肌成分

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■商品名/販売名:ジェノマー フェイシャルフォーム / ジェノマー フェイシャルフォームN
 http://www.genomer.jp/products/facial_foam.html
■使用方法:手のひらに2cm位を取り、水かぬるま湯をすこしずつ加えながら空気を含ませるように泡立てます。顔全体を泡でやさしく包み込むように洗顔し、その後は水またはぬるま湯で洗い流します。
■使用量目安:2cm位
■使用期間目安:約1.5〜2ヶ月
■販売チャネル:シーラボショップ・有名百貨店シーラボカウンター・クリニックにてお取り扱いいたします。

PR TIMES

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アマゾンをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ