盛ってはダメ!調査会社が明かす履歴書・職務経歴書の「バレる嘘」

5月13日(月)6時0分 ダイヤモンドオンライン

総合調査会社「トクチョー」が、企業クライアントの調査業務で遭遇したエピソードを紹介。新卒・中途採用で提出される履歴書・職務経歴書の調査にまつわる事件とは(写真はイメージです) Photo:PIXTA

写真を拡大


ビジネスの現場では、さまざまな問題が発生する。横領や商品の横流し、情報漏えい、採用時の経歴詐称など、実に多種多様だ。創業1965年、年間7000件の調査を行う総合調査会社「トクチョー」が、日々の調査業務で遭遇するビジネスの現場における事件とその教訓を紹介する。題して「調査員は見た!不正の現場」。7回目の今回は、新卒・中途採用で提出される履歴書・職務経歴書の調査にまつわる事件だ。


履歴書や職務経歴書に

嘘を書いたことはあるか


 書類選考や面接で少しでもアピールができるように、より良い条件で採用されるために、はたまた黒歴史を隠すために、履歴書・職務経歴書(応募書類)にはさまざまな理由で嘘が書かれています。


 総合調査会社トクチョーは、お客様企業からの依頼で年間数千件以上のリファレンスチェック(採用候補者の職歴調査)を行い、多くの嘘に遭遇しています。バレてしまったときの悲しい結末を聞くことも、決して少なくありません。


 そんな調査のプロの視点から、読者諸氏の今後の転職活動に役立つこと間違いなし(?)の「履歴書・職務経歴書のバレる嘘」を紹介します。


 まずは「履歴書・職務経歴書の嘘がバレたらどうなるか?

 

 そもそも履歴書・職務経歴書(以下、「応募書類」)に嘘を書いてバレてしまったらどうなるのかを押さえておきましょう。内定通知前と内定・入社後、その他の影響に分けて解説します。


【内定通知前に応募書類の嘘がバレた場合】


 内定通知前に嘘がバレた場合、採用判定は当然不合格になることが多いです。「多い」という表現に驚かれたこともいるかもしれません。実は、ごく稀に「応募書類の小さな嘘は気にしない。入社後に期待する成果を上げられればそれでいい」という会社も存在します。そのような会社は、営業ノルマが高かったり、働き方が激しかったりと、人材採用で一定の量を求める会社であり、入社にも覚悟が必要です。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「履歴書」をもっと詳しく

「履歴書」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ