高齢者住宅向けに「補助手すり」付き玄関ドアをラインアップ

5月13日(火)10時30分 J-CASTニュース

手すりに重心を置くことで、安定した歩行ができる!(写真は、施工イメージ)

写真を拡大

   YKK APは、扉の室内側に補助手すりを設置した「スチール玄関ドア 室内側補助手すり付き」の受注を、2014年5月16日に開始する。



   扉の室内側に補助手すりを設置。玄関を出入りするときに手すりをつかめるようにすることで、玄関での安定した歩行を実現した。また、靴の着脱時に手すりをつかめるので、玄関での転倒抑止や、座って靴を着脱した際の立ち上がるときに動作を補助するなど、玄関での安全性を向上した。


   補助手すりは、同社のスチール玄関ドアのすべてのデザインバリエーションに設置できるので、サービス付き高齢者向け住宅をはじめとする新築物件に限らず、既存の集合住宅の玄関ドアの改修にも対応することができる。


   補助手すり付きの玄関ドアを、商品ラインアップに加えるのは業界で初めてという。


   価格は、8万520円から(別途、消費税、工事費など。シリーズ、仕様・デザインによって異なる)。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

補助をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ