「吃音」の美少女、先生になる

5月14日(土)9時40分 J-CASTニュース

ハートウォーミングな青春物語

写真を拡大

   講談社は、新刊「吃音センセイ 桜舞う校庭で」(著・佐藤文昭)を2011年4月21日に発売した。


   価格は、1365円。



   実在する人物の半生をベースとした青春小説。幼いころに吃音(きつおん)を発症し、いじめにあっていた美少女が成長して教師になり子供達に体当たりでぶつかっていくという物語。


   著者の佐藤さんは、吃音改善教材を含めた教材を扱う通販会社を経営しており、近作が処女作になる。


   230ページ、ソフトカバー。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「吃音」のニュース

BIGLOBE
トップへ