電力使わず五感で節電?coolブラジャー

5月14日(月)15時26分 J-CASTニュース

画像は『スーパーCoolブラ』

写真を拡大

   トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、2012年5月9日〜10日に東京・中央区の浜離宮三井ガーデンカンファレンスRoom5で、『スーパーCoolブラ』(非売品)の発表会を行った。



   その年のトレンドをテーマに、これまでにも数々の独創性のあるブラジャーを発表しているトリンプだが、2012年の夏は、高まる節電志向に、日本古来の「納涼」の知恵を盛り込むことで「五感でクールに美しく節電」をテーマに製作したという。


金魚鉢のひんやりブラ

   今回発表した『スーパーCoolブラ』は、ブラジャー、ショーツ、スカートから成る。ブラジャーのカップ部分は凍らないジェル素材を使用しており、冷凍庫に一定時間入れると、着けた時にひんやりとした「触覚」が楽しめるということだ。


   カップは金魚鉢をイメージしたデザインを採用することで「視覚」で楽しみ、サイドボーンには、ミニ扇子とミニ柄杓(ひしゃく)を装備している。暑いときには、日本ならではの納涼グッズとして使えるだけでなく、ブラジャーのセンターにはミントの葉付きの風鈴を飾ることで、ミントの「嗅覚」と風鈴の「聴覚」で涼しさを演出している。


ボトムは「すだれ」と「蚊帳」

   スカートは、日本の伝統的な納涼素材である簾(すだれ)と蚊帳(かや)の素材を使用しており、それぞれミニ簾・ミニ蚊帳として実際に使用することが出来る。また、ボトムのサイドにはハッカあめと塩あめを入れた巾着が付いており、「味覚」で塩分も補える。さらに、ショーツはショートサポートショーツを使用し、ヒップ部分には凍らないジェルパッドを入れることができるハートポケットが付いている。 <モノウォッチ>

J-CASTニュース

「ブラジャー」をもっと詳しく

「ブラジャー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ