美容に関心ある男子急増中!? 彼女も「ヒゲ嫌い」多数

5月14日(月)20時13分 J-CASTニュース

安座間美優さん(左)と森ユキオさん(右)

写真を拡大

   パナソニックでは、男性のフェイスケアやボデイーケアに対する関心が高まるなか、"彼女視点"からの彼氏に対するスキンケアの実態などを探るべく、20代・30代の彼氏彼女がいる男女206人を対象に、「イマドキ男性のヒゲ事情」について調査を行った。



男性のヒゲ「チクチクして痛い」「だらしない」

   今回の調査からは、フェイスケアをしている男性が約9割と、美容に関心がある男子が多数いるということに加え、ヒゲに抵抗がある「ヒゲ嫌い」な女子が多いこと、また、彼女が彼氏に求める理想的な肌は「スベ肌」(約6割)で、肌がきれいな彼氏とは、より距離が縮まる傾向にあることなどが分かった。


   男性のヒゲに関しては、「チクチクして痛い」「だらしない」といった声が目立ち、どんなヒゲなら伸ばしてもいいと感じるかについては、「整えられているヒゲ」「本人に合っているヒゲ」が多数意見だった。


   また、今回の調査結果に合わせ、パナソニックの「カミソリシェーバー ラムダッシュ」とファッション誌「CanCamTV」がコラボレーションしたカップル向けビューティーセミナー「CanCamTV presents もっと接近♪スベ肌彼氏&彼女になるスキンケア講座」を2012年5月13日に都内で開催した。


   ゲストとして参加したのはCanCam専属モデルの安座間美優さんと男性メイクアップアーティストの森ユキオさんだ。2人は「ラムダッシュを使用するとカップルの距離が縮まる」をテーマにトークセッションを行い、


「男性との初対面で目がいくのはやっぱり見た目かな。清潔感のあるさわやかな男性のほうがいいですね」

「森さんみたいに、お肌のケアに関心の高い男子が今後は主流になっていくんでしょうね」

などと安座真さんが話し、一方の森さんも、


   「シェービングには気をつけています。フェイスケアの中でも最も大切なのではないでしょうか」


   「偏見かもしれないですが、ヒゲの手入れができていると『仕事できそう』って思ってしまいます。見た目の印象が人に与える影響ってやっぱり多いと思います」などと語った。


   参加したカップルの男性からは、


「痛くないし、T字カミソリのようにスッキリといけたので、発見ですね(笑)」

「ニキビとかがあって、普段カミソリでそると血が出るけど、今日はまったく血が出ずにキレイにそれた」

といった声が聞かれた。


   CanCamTVホームページでのイベントレポートはこちらhttp://cancam.tv/content/1205panasonic/index.html


   また、今回CanCamファンクラブでも彼氏の「肌」に関する調査を実施しており、その結果をCanCamホームページ(http://cancam.tv/content/1205panasonic/enquete.html)で公開している。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「ヒゲ」をもっと詳しく

「ヒゲ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ