桃山時代の金・銀屏風をイメージ 複合筆記具新ブランド「優美いろは」第1弾

5月14日(火)7時24分 J-CASTニュース

左から「夏秋草」「桜」「燕子花」「四季百花」

写真を拡大

   セーラー万年筆は2013年5月15日、新たに立ち上げた複合筆記具ブランド「優美いろは」の第1弾として、「優美いろは 琳派」を発売する。



鮮やかな色使いの草花も


   「優美いろは」は赤と黒の2色ボールペンとシャープペンシルを一つにまとめた複合筆記具だ。ボディの上半分をクルクル回すことにより、ペン先が入れ替わる。


   「優美いろは 琳派」では、桃山時代後期から勃興した芸術様式「琳派」を再現。当時流行っていた金屏風・銀屏風を意識したデザインとなっており、深い金と銀の色合いに、鮮やかな色使いの草花が映えている。


   デザインは全4種で、価格はいずれも3150円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「万年筆」をもっと詳しく

「万年筆」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ