モーターファン・イラストレーテッドが「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」でガイドツアーを開催!

5月14日(火)17時40分 PR TIMES

自動車エンジニアを目指す「学生の皆さん」の参加を大募集

自動車テクノロジー雑誌“モーターファン・イラストレーテッド”は、「人とくるまのテクノロジー展 2019 横浜」(2019年5月22〜24日)の開催期間中、学生(大学生、大学院生、専門学生)を対象に、出展社ブースを訪問しながら、自動車技術についてわかりやすく解説するガイドツアーを開催します。

[画像1: https://prtimes.jp/i/23526/111/resize/d23526-111-148901-7.jpg ]



国内外の自動車技術が一堂に会する同展では、「現在の自動車業界がどのような状況にあるのか」「これからのトレンドはどちらへ向かうのか」など、さまざまな情報が得られるイベントとして、毎年8万人以上の方が来場します。しかし、基本的にはプロフェッショナルが集う場所であり、内容をきちんと理解するためにはある程度の予備知識が求められるのも事実。また、非常に多くのブースが集うだけに、どこに見所があるのか、どれが新しい技術/システムなのかは、なかなかわかりにくい状況です。
[画像2: https://prtimes.jp/i/23526/111/resize/d23526-111-938539-1.jpg ]

そこで今回のガイドツアーでは、創刊当時からモーターファン・イラストレーテッドに携わるレギュラー執筆陣が、長年の取材で培った知見と経験をもとに、展示技術やその企業のことについてわかりやすく客観的に説明いたします。参加費用は無料です。


自動車技術に明るくなくともガイドツアーに参加すれば「人とくるまのテクノロジー展」を楽しめること間違いなし。学生の皆さんならば、レポートの作成にもお役立ていただけます。参加特典も多数ございますので、ぜひご参加ください。


[画像3: https://prtimes.jp/i/23526/111/resize/d23526-111-830998-2.jpg ]


【開催概要】
タイトル:MFi「人とくるまのテクノロジー展」ガイドツアー
開催日時:2019年5月22(水)〜24日(金)
開催場所:パシフィコ横浜・展示ホール
募集定員:1回につき10名(予約優先・当日受付可)
 (※定員になり次第締め切り)
参加費用:無料
申込方法:https://san-eishobo.jp/form/pub/2/mfi_guide
実施時間:5月22日(水) 10:00〜/14:00〜
     5月23日(木) 10:00〜/14:00〜
     5月24日(金) 10:00〜/14:00〜
 (※1回約90分)
集合場所:三栄販売ブース前(ブース番号445 /1F・Cホール入口付近)
往訪ブース:ジェイテクト/日本精工(NSK)/ANSYSジャパン/キャタラー
      ミクニ/不二越/dSPACE他(予定、順不同)
特典:モーターファン・イラストレーテッド最新号vol.152、
   および 特製オリジナルクリアファイルを全員に贈呈します。
   その他、多数特典あり
   (※当日、学生証を持参してください)

<エントリーQR>
[画像4: https://prtimes.jp/i/23526/111/resize/d23526-111-188026-3.jpg ]



<ガイド役>
[画像5: https://prtimes.jp/i/23526/111/resize/d23526-111-685824-4.jpg ]

牧野茂雄氏
モーターファン・イラストレーテッドで健筆を振るうジャーナリスト。自動車というプロダクトのみならず、新聞記者時代に培った経験と情報網を活かした、市場環境や生産現場などのバックグラウンドまでを含め鋭く考察する。中国市場にも強い。


[画像6: https://prtimes.jp/i/23526/111/resize/d23526-111-118697-5.jpg ]

世良耕太氏
冷静沈着が服を着て歩いている印象のジャーナリスト。インタビューでは聞き上手かと思いきやエンジニアをうならせる質問と意見をぶつけたりなど変幻自在。ひとつひとつを確実に積み上げ、非常にわかりやすく解説する。モータースポーツの技術に関して第一人者としても高名。


[画像7: https://prtimes.jp/i/23526/111/resize/d23526-111-412385-6.jpg ]

高橋一平氏
エレクトロニクスに強い、理系ライター。飄々とした風体ながら取材では秀才ぶりを覗かせる機会多々、周りは本人同士が何を話しているのかわからない状況下、後日「そうだったのか」と膝を打つ原稿が編集部に届く。元二輪車雑誌編集者。

PR TIMES

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ