電気自動車界の風雲児テスラ、財務で読み解く急成長の秘密と弱点

5月15日(水)6時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo:123RF

写真を拡大


『週刊ダイヤモンド』5月18日号の第1特集は「GAFAでわかる決算書入門」です。電気自動車界の風雲児であるテスラ。カリスマ創業者のイーロン・マスク氏の発言が度々問題となっていますが、既存の自動車企業を凌駕し続ける鍵は“資金繰り”にありました。(本記事は特集からの抜粋です)


 2017年、ゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーターといった名門を差し置いて、全米の自動車企業で時価総額1位に君臨した会社がある。電気自動車(EV)を専門とする新興企業のテスラだ。


 18年の販売台数は25万台程度と、「1000万台クラブ」であったGMの足元にも及ばない規模でありながら、自動車業界の電動化シフトの潮流に乗り急成長。高級セダン「モデルS」に加えて、3万5000ドルから購入できる量販車「モデル3」を投入しシェア拡大を狙うなど、過渡期にあるEV市場で存在感を示し続けている。


 そんなテスラのさらなる成長の鍵は“資金繰り”だ。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ