【ABIリサーチ調査報告】データクラウドソーシングに基づくコネクテッドカーサービスの変化

5月15日(火)15時30分 ドリームニュース

【調査レポートのサマリー】
2018年5月発行

自動車の接続性の役割は変曲点に達しつつある。これまでは、ネットワーク接続自動車(コネクテッドカー)の車載アプリケーションは、テレマティックスやインフォテインメント機能に限られており、運転者の安全や安心のための情報やエンターテインメントといった表面的なサービスか、安全な移動のためのスマートフォンからの典型的なデジタル体験を模したものに過ぎなかった。今後のスマートモビリティの文脈においては、接続性は無人運転の実現、フリート管理、遠隔診断・予知保全といった最重要な役割を果たすものとなるだろう。

米国調査会社ABIリサーチの調査レポート「【分析レポート:技術】データクラウドソーシングに基づくコネクテッドカーサービスの変化」は、センサデータのクラウドソーシングのパラダイムや、これらのセンサデータペイロードの上に構築される革新的なサービスやアプリケーションを促進するサポート技術と市場動向について査定している。OEMやデータプロデューサ、アプリケーション開発者、サービスプロバイダ、センサ収集プラットフォーム、データ市場等への戦略的な助言も記載している。

The role of connectivity in the car is reaching an inflection point. In the past, connected car applications were confined to telematics and infotainment functions, keeping the driver safe, secure, informed, and entertained with services that were largely superficial, or which were intended to emulate typical digital experiences (from smartphones in particular) in a way that was safe on the move. In the future smart mobility context, connectivity will play a mission-critical role; enabling driverless operation, fleet management, and remote diagnostics/predictive maintenance.

A key intermediate step is the sensor data crowdsourcing paradigm, leveraging the experience of connected cars on the road to deliver new and improved services that will finally start to “move the needle” in terms of the personal mobility experience. This involves the aggregation, cleansing, normalization, and enrichment of datasets generated by sensors embedded in connected cars deployed on the road; leveraging the experience of the “crowd” to improve legacy services and enable new services related to autonomous driving and smart mobility.

This report will examine the supporting technologies and market dynamics which will drive the sensor data crowdsourcing paradigm as well as the transformative services and applications built on these sensor data payloads. Strategic recommendations are given for OEMs and other data producers, application developers/service providers and sensor ingestion platforms/data marketplaces.


ABIリサーチは、米国ニューヨークに本社をおき、幅広い視点で通信関連分野についての調査レポートを出版しています。通信、移動体・無線、IoTとM2M、位置情報、自動車技術、セキュリティ等に関して、産業・技術や半導体の動向分析や市場予測等を行い、定評を得ています。多くの調査会社が特定の分野に特化しがちな中で、総合的な調査活動を行うABIリサーチは貴重な存在です。常に調査対象を更新しつつ、最新の情報の収集・提供を行っています。


■ 調査レポート ■

【分析レポート:技術】データクラウドソーシングに基づくコネクテッドカーサービスの変化
Transformative Connected Car Services Built on Data Crowdsourcing
Technology Analysis Report
出版年月:2018年5月
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/abian2605.html

【サービス区分】スマートモビリティと自動車 - 市場
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html#1238


株式会社データリソースはABIリサーチの日本販売代理店です。 調査レポートの販売、委託調査などを行っています。

◆米国市場調査会社 ABIリサーチ(ABI Research)について
http://www.dri.co.jp/auto/report/abi/index.html

◆このプレスリリースに関するお問合せ

ABIリサーチ 日本販売代理店

株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂1-14-5 アークヒルズエグゼクティブタワーN313
Tel:03-3582-2531
Fax:03-3582-2861
Eメール:office@dri.co.jp
http://www.dri.co.jp

◆データリソースメールマガジンバックナンバー
http://www.dri.co.jp/mm

◆メールマガジンのお申し込み
http://www.dri.co.jp/contact/magmag-form-tag.html

ドリームニュース

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ