東芝の最終赤字、「暫定値」で9500億円 監査法人の了承得られず

5月15日(月)17時48分 J-CASTニュース

経営再建中の東芝は2017年5月15日、17年3月期の連結決算の最終損益が9500億円の赤字となり、3月末の債務超過額が5400億円になるとの見通しを発表した。米原発子会社のウェスチングハウス(WH)の経営破綻に伴う巨額損失が響いたためだ。16年4〜12月期の連結決算に続いて監査法人の了承を得られず、決算の暫定値を公表するにとどまった。

東芝の綱川智社長は15日の記者会見で「適切かつ早期に決算手続きを終わらせるために、最善を尽くしてまいります」と述べ、決算発表の遅れを陳謝した。

J-CASTニュース

「東芝」をもっと詳しく

「東芝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ