こんな職場は最悪!本当にあった職場の「鬼おつぼね」エピソード

5月15日(火)11時0分 yummy!

こんにちは、婚活FP山本です。
最近では勤め先での人間関係に悩む声をよく聞きます。
とくに若い方にとっては、先輩や上司に恵まれず、セクハラ・パワハラを筆頭とした何らかのトラブルに合うことも多いようです。
そこで今回は、実際に筆者が見聞きした職場の「鬼おつぼね」エピソードをお伝えします。
あなたの仕事に、お役立て下さいませ。

独身お局の執拗な口撃


私の知り合いに、20代半ばの独身女性、山田さん(仮名)がいました。山田さんは小さな会社に勤める女性で、ここには最近になって転職で入社した方です。
また山田さんは容姿が良く、入社後は男性社員からの人気も高い方でした。
しかし、それが山田さんの悲劇になったのです。その会社には40代の独身先輩女性がおり、周囲に誰もいない時には嫌味三昧でした。
距離を取ろうにも職場は狭く、また新人だったこともあって逃げ場もありません。
それどころか、男性の先輩社員は先輩社員で、頻繁に山田さんを飲みに誘っては、どうにかしてお持ち帰りできないかと狙われていたそうです。
結局、山田さんは耐えられず、半年ほどで退職したとの事でした。小さな会社あるあるかもしれませんね……。

ミスやトラブルがあると責任転嫁


私の知り合いに、20代半ばの独身女性、石田さん(仮名)がいました。石田さんは中堅規模の会社に勤める女性で、新卒当時からずっと所属しています。
そんな石田さんの所属する課に、新しい40代の先輩お局が転属してきました。
そして、このお局が曲者だったのです。40代とは思えないほどに仕事ができず、一気に仕事が滞ってしまったと石田さんはいいます。
それだけではありません。お局はミスやトラブルが発生する度に、なぜかその責任を石田さんに擦り付けてきたのです。
相手は先輩なので、なかなか反論もできず、当時の石田さんは途方に暮れていたといいます。ただ幸いにも、そのお局は一年後に再転属することになり、どうにか耐え抜けたそうです。

上司が社長の愛人でパワハラ三昧


私の知り合いに、新卒の独身女性、中村さん(仮名)がいました。中村さんは社員10人程度の本当に小さな会社にどうにか入社できた方です。
そんな中村さんでしたが、入社後一ヵ月程度が経過した頃から、直属の30代の女性上司から容赦ないパワハラを浴びるようになりました。
当初は、私が至らないからだと肯定的に受け止めていましたが、上司はしばらくすると人格や人生まで否定してきたのです。
中村さんは、訳が分かりませんでしたが、ある時ついにその理由が発覚しました。上司は、なんと社長の愛人だったのです。
そして、中村さんの若さに嫉妬して、愛人の座を取られるのではという危機感から、退職させようとしているのだと別の先輩から教わります。
結局、無理に残る理由のなかった中村さんは退職し、再就職したそうです。本当に災難でしたね……。

まとめ


世の中は本当に広く、良い人も沢山いますが、そうでない人も沢山います。そして一般的な若い女性というのは、良い意味でも悪い意味でも人を惹きつけてしまうものです。
ひとまず、お局に目を付けられ、そして周囲がカバーしてくれないような環境なら、早急に転職を検討しましょう。
(婚活FP山本/ライター)

yummy!

「職場」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「職場」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ