鉄道写真家・山下大祐氏とカメラを携え沿線をぶらり写真講座「都電荒川線 写真さんぽ」、6月4日開催

5月16日(火)14時0分 @Press

乗り換え案内サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区、代表取締役:太田信夫)は2017年6月4日(日)、「駅すぱあと」×EXPERTプロジェクト第1弾として、鉄道写真家・山下大祐氏と都電荒川線沿線を散歩しながら楽しく写真の撮り方を学べる写真講座「都電荒川線 写真さんぽ」を開催します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/128647/img_128647_1.jpg

ヴァル研究所は、さまざまな分野のエキスパートとコラボし、トークイベントやワークショップなどを開催していく「『駅すぱあと』×EXPERTプロジェクト」を開始します。
プロジェクト第1弾として、鉄道写真家・山下大祐(やましただいすけ)氏を講師に迎えた写真講座「都電荒川線 写真さんぽ」を、2017年6月4日(日)に開催します。

都電荒川線は、1972年頃まで東京都23区内を中心に多距離・多路線を展開していた都電(東京都電車)の、唯一現存する路線です。沿線にはノスタルジックな街並みが広がり、線路脇にはたくさんのバラが植えられています。鉄道に関する写真や動画の撮影を趣味とする、いわゆる「撮り鉄」ファンの中では有名な沿線で、山下氏も撮影スポットが多いとおすすめしています。

「都電荒川線 写真さんぽ」では、沿線風景を楽しみつつ、山下氏から直接アドバイスやノウハウを学ぶことができます。また、イベントの最後には当日撮影した写真の講評会を催します。

「駅すぱあと」×EXPERTプロジェクトは、“エキスパート"な方々との出会いの場を提供するプロジェクトです。今後も定期的にワークショップやトークイベントなどを開催し、「駅すぱあと」とEXPERT、そして皆さまとのつながりを広げていけるように展開してまいります。

■鉄道写真家・山下大祐氏のプロフィール
画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/128647/img_128647_2.jpg
山下 大祐(やました だいすけ)

1987年兵庫県出身。
日本大学芸術学部写真学科卒業後、ロケアシスタントをしながらwebや雑誌、学校写真などを撮影。2014年からレイルマンフォトオフィス所属。
鉄道誌、カレンダー、鉄道資料の撮影、鉄道写真講師で活動する中、自らの作品づくりに注力している。日本鉄道写真作家協会会員。

<山下氏からのコメント>
「子どもといっしょに都電荒川線を撮影してみませんか? 魅力に溢れた荒川線の沿線をカメラ片手に巡ります。もちろん鉄道撮影のコツも伝授します。上達のカギ、講評会もありますよ!」

■イベント開催概要
開催日時 :2017年6月4日(日)9:00〜17:00(予定)
集合場所 :JR山手線「大塚」駅 北口
参加料金 :大人1人 6,000円(税込)
※小学1年生〜中学3年生までのお子様は無料です。
定員 :20人
お申し込み:https://ekispamall.net/products/detail.php?product_id=344
参加特典 :「駅すぱあと」ノベルティ
その他 :当日の交通費、お食事費などはお客様のご負担となります。

<当日のスケジュール>
【9:00〜】
JR山手線「大塚」駅 北口に集合し、都電荒川線沿線を巡ります(定番の王子駅〜飛鳥山駅、ノスタルジックな三ノ輪橋駅周辺をお散歩します)。
【15:00〜】
JR中央・総武線「高円寺」駅の「駅すぱあと」イベントスペースで、撮影した写真の講評会を実施します。

<本イベントに関するお客様からのお問い合わせ先>
株式会社ヴァル研究所
E-MAIL:support-event@val.co.jp

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/128647/img_128647_6.jpg

■「駅すぱあと」×EXPERTプロジェクトについて
「『駅すぱあと』×EXPERTプロジェクト」は、各界のエキスパート(専門家)の仕事の奥深さや生き方を身近に感じていただけるような情報発信をする場を作ることを目的に立ち上げました。

来年、発売から30周年を迎える「駅すぱあと」の認知度や価値向上のため、何かできないかと模索している中で、「経路検索のエキスパートである私たちが、異なる分野のエキスパートとコラボすることで、何か新しい価値や体験が生まれるのではないか」と考えました。
本プロジェクトを通じ、ヴァル研究所は乗り換えの情報を案内するだけでなく、さまざまなエキスパートの情報、ストーリーを皆さまにご案内してまいります。
画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/128647/img_128647_7.png

■株式会社ヴァル研究所について
1988年にMS-DOS版の経路検索システム「駅すぱあと」を発売して以降、全国の公共交通機関データと高い信頼性をベースにさまざまな法人向け、個人向け製品・サービスを展開しています。
主力となる法人向けでは、通勤費管理/申請システムやビジネス・サポートサービス「RODEM」などを提供しており、12万社以上を顧客に持ちます。また、近年は「駅すぱあと」の膨大なデータや機能をAPIとして提供し、企業・団体との共創・コラボレーションに取り組んでいます。

商号 :株式会社ヴァル研究所
代表取締役:太田 信夫
所在地 :東京都杉並区高円寺北2-3-17
設立年月日:1976年7月26日
資本金 :4,100万円
企業サイト:https://www.val.co.jp/


※記載されている会社名、製品・サービス名は各社の登録商標または商標です。
※仕様や提供内容については予告なく変更となる場合があります。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

@Press

「荒川線」のニュース

BIGLOBE
トップへ