2011年の1世帯あたり貯蓄1664万円、2年連続で増加

5月16日(水)16時4分 J-CASTニュース

   総務省の2011年の家計調査(2人以上の世帯)によると、1世帯あたりの平均貯蓄額は前年比0.4%増の1664万円となり、2年連続で増えた。2012年5月15日に同省が発表した。



   世帯主が60歳以上の世帯の約3分の1に、2500万円以上の貯蓄があったほか、60歳以上の世帯の貯蓄は、貯蓄全体の64.6%を占めている。


   一方で、負債は5.5%減の462万円で、2年ぶりに減った。高齢者層の増加に伴い、住宅ローンを完済した世帯が増えたとみられる。


   また、勤労者世帯だけをみると、貯蓄は0.9%減の1233万円。負債は4.7%減の647万円だった。

J-CASTニュース

「総務省」をもっと詳しく

「総務省」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ