「何でも言うことを聞く秘書」が当たる!? ライジンジャパン、Facebook連動キャンペーン

5月16日(水)12時25分 J-CASTニュース

知的法人RAIZINキャンペーンページ

写真を拡大

   エナジードリンク「RAIZIN」(ライジン)を販売するライジンジャパン(東京・港区)は、「何でも言うことを聞く秘書」と「活動資金(50万円分)」が当たるキャンペーンを、2012年5月16日から実施する。



Facebookと連動した選抜試験

   爽快なフレーバーと刺激で、スマートなライズ感が得られるドライ系エナジードリンク「RAIZIN」のプロモーション活動では、日本をアゲるために優秀なリーダーを発掘することを目的とした「知的法人RAIZIN」という架空会社の設立者Mr.Rとその秘書たちが登場しているが、今回のキャンペーンでは、Mr.Rと秘書たちがFacebookと連動した選抜試験を実施する。


   選抜試験は、リーダーにとって最も重要な資質のひとつである「知性」を見抜くための超難問テストになっていて、4週間にも及ぶ試験の合格者から抽選で1人に、要望するライフスタイルを実現するためにあらゆる手伝いをしてくれるサービス「クインテセンシャリー・ジャパン会員権(入会金&プレミアムクラスの年会費)」と活動資金50万円分がプレゼントされる。


「プレミアチケット入手」「ナイトクラブのパス手配」も

   キャンペーンの景品となっている「何でも言うことを聞く秘書」は、世界62都市に拠点を持ち、グローバル・コンシェルジュサービスを提供している「クインテセンシャリー・ジャパン」とタイアップしたもので、コンシェルジュサービスの一例として


「通常では手に入らないイベントチケットの入手」

「世界中の入手困難なナイトクラブのエントランスパス手配」

「希少なアンティーク・スポーツカーの入手」

などがある。


   詳しくは、知的法人RAIZINキャンペーンページ(http://raizin-japan.com/campaign/)で確認できる。


   知的法人RAIZINは、今後も日本をアゲることを目的に、さまざまな活動を実施していく。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

秘書をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ