シャープ、太陽光パネル首位 1〜3月の世界出荷量

5月16日(金)15時4分 J-CASTニュース

   米調査会社のNPDソーラーバズによると、2014年1〜3月の世界の太陽光パネル出荷量で、シャープが中国のインリーグリーンエナジーを抜いて首位になった。日本経済新聞が5月16日に報じた。四半期ベースで中国系以外のメーカーが首位になるのは2009年10〜12月以来という。2位、3位には中国系メーカーが入った。



   シャープの出荷量は73万8000キロワットと、前年同期に比べて1.5倍になった。国内の補助金関連の駆け込み需要などが追い風になった。

J-CASTニュース

出荷量をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ