大妻女子大学が6月1日に「大妻女子大学パイプオルガンコンサート」を開催 -- 「あしなが育英会東日本大震災津波遺児募金」へのチャリティーコンサートとして

5月16日(木)14時5分 Digital PR Platform




大妻女子大学地域連携推進センターは6月1日(土)、千代田キャンパス内の大妻講堂で「大妻女子大学パイプオルガンコンサート」を開催。「ドイツ最高のオルガニスト」と称されるエルンスト・エーリヒ・シュテンダー氏が「トッカータとフーガ ニ短調」や「荒城の月」などの名曲を披露する。事前予約不要、全席自由。なお、入場は無料だが、会場では「あしなが育英会東日本大震災津波遺児募金」への任意の募金が行われる。




 大妻女子大学地域連携推進センターでは毎年、国外の著名な奏者を招請してチャリティーコンサートを開催している。
 今年は、「ドイツレコード批評家賞」「ドイツレコード賞」の受賞歴を持ち「ドイツ最高のオルガニスト」と称えられる著名なオルガニストのエルンスト・エーリヒ・シュテンダー氏をドイツから招請。同大が誇る大妻講堂のドイツ製パイプオルガンでJ.S.バッハ作曲「トッカータとフーガ ニ短調」をはじめ、A.ドヴォルザーク作曲「新世界より」、L.V.ベートーヴェン作曲「運命 交響曲第5番 ハ短調」、滝廉太郎作曲「荒城の月」などの名曲を演奏する。

 なお、会場では「あしなが育英会東日本大震災津波遺児募金」への募金を任意で募り、集まった全額を「あしなが育英会」に寄付する。概要は下記の通り。

◆「大妻女子大学パイプオルガンコンサート」概要
【日 時】 6月1日(土) 18:00〜19:30(開場17:30)
【会 場】
 大妻講堂(東京都千代田区三番町12番地/大妻女子大学内)
 ※駐車場・駐輪場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。
【アクセス】
 JR総武線「市ケ谷駅」下車 徒歩10分
 都営新宿線、東京メトロ有楽町線・南北線「市ケ谷駅」下車(A3出口) 徒歩10分
 東京メトロ半蔵門線「半蔵門駅」下車(5番出口) 徒歩5分
 東京メトロ東西線「九段下駅」下車(2番出口) 徒歩12分
【主 催】 大妻女子大学地域連携推進センター
【後 援】 千代田区/学校法人大妻学院/一般財団法人大妻コタカ記念会/大妻女子大学人間生活文化研究所
【演 奏】 Dr. Ernst Erich Stender(エルンスト・エーリヒ・シュテンダー)
【曲 目】
・J.S.バッハ 作曲 「トッカータとフーガ ニ短調 BWV565」
・A.ドヴォルザーク 作曲 「新世界より 交響曲第9番 ホ短調 作品95」
・L.V.ベートーヴェン 作曲 「運命 交響曲第5番 ハ短調 OP67」
・滝廉太郎 作曲/児玉麻里 編曲 「荒城の月」
 ほか
【入場料】 無料
【その他】
 会場で自由募金を行います。ご協力お願いいたします(募金先:あしなが育英会)。

■Dr. Ernst Erich Stender(エルンスト・エーリヒ・シュテンダー)略歴
 ドイツの北フリースランド郡出身。ドイツ最高のオルガニスト。リューベック音楽大学教授。
 バッハが師と仰いだブクステフーデが主任オルガニストを務めた「リューベックの聖マリア大聖堂」の後継者となり、バッハの全曲を独自の解釈で演奏。オリビエ・メシアン、マックス・レーガーなどのオルガン作品の演奏に、批評家から「最高の音楽性を持ったオルガニスト」と評価される著名なオルガニスト。「ドイツレコード批評家賞」「ドイツレコード賞」を受賞。

(参考:大妻女子大学地域連携推進センターホームページ)
・大妻女子大学パイプオルガンコンサートを開催します
 http://www.chiiki.otsuma.ac.jp/wp/?p=7981


▼本件に関する問い合わせ先
 大妻女子大学 地域連携推進センター
 TEL:03-5275-6877
 E-mail:chiiki◎ml.otsuma.ac.jp
 ※◎を@(アットマーク)にかえてください

【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/

Digital PR Platform

「コンサート」をもっと詳しく

「コンサート」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ