< MAISON DE REEFUR > 夏の景色と趣を紡ぐ。梨花という色に染められた、kyomadoka とのコラボレーション浴衣

5月16日(木)9時40分 PR TIMES

数量限定!2019.5.28 (tue)販売スタート!

[画像1: https://prtimes.jp/i/6099/64/resize/d6099-64-519653-0.jpg ]



株式会社ジュン( 本社:東京都港区/代表取締役社長:佐々木進) が運営するMAISON DE REEFUR ( メゾン ド リーファー/以下REEFUR) では、国内外のウエディングプロデュース、レストラン運営など、ホスピタリティをもって上質なライフスタイルを提案するTAKAMI HOLDINGS株式会社(本社: 京都市下京区/代表:高見重光)とのコラボレーションアイテムを発売いたします。

TAKAMI HOLDINGS が発足した「モノ・人・コト」の縁を繋げる新たなプロジェクト「kyomadoka(きょうまどか)」(公式HP:kyomadoka.jp)の第一弾として、『日本が誇る美しい文化のひとつである" 和装”の魅力を今の時代に伝えていきたい』という想いに、REEFUR のトータルプロデューサーである梨花が賛同し、今回のコラボレーションが実現しました。5月28日(火)より、涼やかでいて、大人の色気がしっとり漂うオリジナルデザインの浴衣を数量限定で発売いたします。

〜 梨花コメント 〜
歳を重ねるごとに日本の文化や伝統、歴史に興味を持ち、その魅力に触れるなかで、いつからか“和装”をプロデュースしたいと願うようになりました。そしてひとつのご縁から今回のkyomadoka プロジェクトに出逢い、浴衣をデザインさせていただくことができました。この浴衣をきっかけに、今を生きる女性が“和”の魅力に気付くきっかけになったら嬉しいです。
[画像2: https://prtimes.jp/i/6099/64/resize/d6099-64-142664-1.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/6099/64/resize/d6099-64-734764-2.jpg ]

愛らしい花をつける鈴蘭(すずらん)は別名を、”君影草(きみかげそう)”と言います。その由来は、葉の陰に隠れてひっそりと花をつける姿が、男性の陰に隠れて奥ゆかしく佇む姿と重なることからと言われています。
日本女性の奥ゆかしい美しさをより引き立てる、涼しげな姿のすずらん柄を伸びやかに力強く描きました。また、すずらん柄をあしらった生地は、見た目だけではなく夏にふさわしい、涼やかでやさしい肌ざわり。朱夏に、涼風をさらりと纏うような着心地にこだわりました。

【kyomadoka(きょうまどか)とは】
国内外のウエディングプロデュース、レストラン運営など、ホスピタリティをもって上質なライフスタイルを提案するTAKAMI HOLDINGS株式会社が新たな試みとして発表する「場所=Scene(シーン)」を含めた「モノ・人・コト」の縁を繋げる新たなプロジェクト。
「京より今日、新たに生まれる縁(円)を紡ぐ」をコンセプトに上質な商品、上質な空間、そして人を通じて現代に残すべき良き文化を伝え、様々なコラボレーションを通して新しい価値を創造していきます。

< 展開店舗 > MAISON DE REEFUR 代官山本店 / MAISON DE REEFUR OFFICIAL WEB SHOP
※ 取り扱い開始日:2019 年5月28日(火)
[伊勢丹オンラインストア(https://isetan.mistore.jp/) ※ 取り扱い開始日:2019 年6月5日(水)
伊勢丹新宿店本館7 階= 呉服 ※ お問い合わせ先:03-3352-1111(大代表) ※ 取り扱い日:2019 年7月10日(水)〜7月22日(月)]

PR TIMES

「MAISON DE REEFUR」をもっと詳しく

「MAISON DE REEFUR」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ