最短距離で「氷点下ビール」目指せ! スマホが街並みから教えてくれる

5月17日(木)16時8分 J-CASTニュース

スマホをかざして、ビールへ急げ

写真を拡大

   「氷点下のアサヒスーパードライ」が飲める店まであと100メートル——こんな表示がスマートフォンに映した街並み画像上に現れる。



   アサヒビールが提供しているスマートフォンアプリ「エクストラコールド アプリ」を使った新サービスで、スマホを街並みにかざすと店までの距離を教えてくれる。近年積極的に活用されている拡張現実(AR)機能を利用している。


冷え冷えのビールまで、あと何メートル…

   アサヒビールが2010年から展開している「氷点下のスーパードライ」こと「エクストラコールド」は、おなじみのスーパードライを通常(4〜8度)よりもさらに冷たいマイナス2〜0度の「氷点下」の温度で出すというものだ。若者を中心に最近人気が高まっており、2012年4月末現在1965店舗で取り扱っている。


   そんな「エクストラコールド」を飲める店舗をこのアプリでは探すことができる。地図や地域ごとのリストのほか、ARモード(「カメラから探す」機能)を起動すればスマホのカメラに写る街並み上に、半径1キロ以内にある店の名前と距離が表示される。


   クリックすれば店についての詳細もわかるので、スマホをかざすだけで冷え冷えのビールに迷うことなく、たどりつくことができる。


   ダウンロードはエクストラコールドアプリの公式サイト(http://www.asahibeer.co.jp/superdry/extracold_app/)から。価格は無料。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ