高速道路渋滞ランキング、最悪は首都圏 国交省が初めてビッグデータ利用し公表

5月17日(日)17時30分 J-CASTニュース

いずれも「ドライバー泣かせ」の渋滞名所ばかり

写真を拡大

   国土交通省がビッグデータを活用し、全国の高速道路で発生した渋滞のワーストランキングを初めて公表した。最も渋滞がひどかった区間(年間合計)は、東名高速道路上り線の横浜町田インターチェンジ(IC)〜海老名ジャンクション(JCT)で、ワースト10のうち6区間を首都圏(東京都・神奈川県)と近郊(静岡県)の東名高速が占めた。

   残るワースト10には、中国自動車道上り線(宝塚〜西宮山口JCT)、同下り線(中国池田〜宝塚)、中央自動車道上り線(高井戸〜調布)、東名阪自動車道上り線(鈴鹿〜亀山JCT)がランクされた。いずれも「ドライバー泣かせ」で知られる渋滞の名所ばかりだった。


「渋滞損失時間」として指数化


   調査は2014年1〜12月が対象で、東日本、中日本、西日本、本州四国連絡の4高速道路会社が管理する高速道路と一般有料道路で行った。渋滞が慢性化している首都高速と阪神高速は除いた。国交省は渋滞の時間や距離、通行台数などのビッグデータを分析。混雑によって余計にかかった時間と人数をかけ、「渋滞損失時間」として指数化した。


   年間のワースト10は、(1)東名上り・横浜町田〜海老名JCT(神奈川県、東京都)、(2)東名上り・厚木〜秦野中井(神奈川県)、(3)東名下り・横浜町田〜海老名JCT(神奈川県、東京都)、(4)中国道上り・宝塚〜西宮山口JCT(兵庫県)、(5)中央道上り・高井戸〜調布(東京都)、(6)東名上り・東京〜東名川崎(東京都、神奈川県)、(7)東名下り・豊川〜音羽蒲郡(愛知県)、(8)中国道下り・中国池田〜宝塚(大阪府、兵庫県)、(9)東名阪道上り・鈴鹿〜亀山JCT(三重県)、(10)東名下り・大井松田〜御殿場(神奈川県、静岡県)——だった。東名高速上りの場合、神奈川県の秦野中井から東京まで、断続的に渋滞が続くケースが多い。


   このほか、時間帯別のランキングでは、午前は7時台の渋滞が多く、ワースト1位は中央自動車道上りの調布〜稲城(東京都)、2位は東京外環自動車道内回りの川口中央〜川口JCT(埼玉県)、3位は関越自動車道上りの練馬〜大泉JCT(東京都)。午後は5時台が多く、1位は関越自動車道上りの練馬〜大泉JCT(東京都)、2位は千葉東金道路下りの千葉東JCT〜千葉東(千葉県)、3位は東海北陸自動車道上りの一宮JCT〜一宮西(愛知県)だった。



段階的に解消工事


   休日は東京湾アクアライン連絡道上りの木更津金田〜袖ヶ浦(千葉県)、同じく東京湾アクアライン上りの海ほたる〜木更津金田(同)、中央自動車道上りの上野原〜大月JCT下り分岐(山梨県)——などに渋滞が集中することもわかった。


   国交省は「高速道路は特定の時間帯、時期に渋滞が集中するなど、区間ごとに渋滞の特性に違いがある。渋滞が集中する区間を快適に利用するにはピークを避けることが有効だ。引き続き、渋滞の分析と対策を検討していきたい」と話している。


   東京と名古屋を結ぶ日本の大動脈・東名高速は、交通量が全線開通当時(1969年)の約3.6倍に達し、「慢性的な渋滞や著しい混雑が発生し、高速道路本来の高速性、定時性が損なわれる状況が生じている」(中日本高速道路)のが実態だ。このためバイパスとして新東名の整備が進んでおり、2012年4月に静岡県内の162キロ(御殿場JCT〜浜松いなさJCT)が開通した。


   しかし、御殿場JCTから首都圏に向けての工事は段階的に進むため、新東名が海老名南JCTまで(区間54キロ)開通するのは2020年度となる予定。この区間が開通すれば首都圏の東名の渋滞はかなり解消されそうだが、それまでは道路交通情報センターの渋滞予測やカーナビなどを活用し、自衛するしかなさそうだ。

J-CASTニュース

「ビッグデータ」をもっと詳しく

「ビッグデータ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ