ドンキ創業者 日銭を稼いで生活した若き日の無頼生活を語る

5月17日(日)7時0分 NEWSポストセブン

ドンキホーテの会長兼CEO・安田隆夫氏

写真を拡大

 ドンキホーテHD代表取締役会長兼CEO・安田隆夫氏が65歳にして引退を発表した。関連会社も含め全ての取締役を後進に委ねるという。「安売りの帝王」と呼ばれ、小売業を掻き回し続けた安田隆夫とは一体どんな人物なのか? 安田氏と交流のあるジャーナリスト・藤吉雅春氏が迫る。


 * * *

 安田の原点を見ようと、岐阜県大垣市で取材を行った。駅前の公衆電話で電話帳を片っ端からめくり、一年前に行われた彼の父親の葬儀場を探した。葬儀場がわかれば、実家の場所がわかると思い、そうしてたどり着いたのが小さな安田の生家だった。軒下に、古新聞とともに安部公房全集など文学全集が紐で結わえてあったと記憶している。


 地元の同級生たちに聞いて回ると、「ガキ大将」の逸話は多く聞いたが、一方で休み時間には一人で静かに読書をする読書家でもあった。


 呼び鈴を鳴らすと、母親が玄関に現れたので、取材をしている旨を伝え、話は自然と安田の少年時代になった。安田が中学生の時、母親が呆気にとられたことがあるという。何の本の影響なのか、こう言ったのだ。


「俺は波瀾万丈の生き方をしたい」


 工業高校の電気科で教鞭をとる父親は、その話を聞き、こう呟いたそうだ。


「俺は石橋を叩いても考え込むタイプなのに、あいつは崩れかけた石橋でも渡ってしまう」


 安田は、地方では満たされない思いを上京して実現しようとした。慶應大学法学部に入学するも、シティボーイの多い環境になじめずすぐにドロップアウトした。鬱屈はたまっていくばかりだった。安田は今、こう言う。


「10代の頃、自分が社会に適合していないという劣等感がありました。しかしその一方で、自分は他の人たちとは違うんだという、自我への誇りみたいなものもあった。ただ、みんなとの違いとは何なのか。それがわからなかったから、言葉にできなかったんです」


 言葉にできないモヤモヤした何か。これが「モノ」を売ることだと気づくのは長い迷宮を歩んだずっと後のことだ。大学をサボって雀荘に通い、また、ボクサーに憧れてジムに入門。子供の頃に事故で左目の視力を失ったことが災いして、ボクサーは断念した。中堅の不動産会社に入るもすぐに倒産。港湾労働や新聞の拡張団で日銭を稼ぎながら、無頼の生活を送った。


「20代の頃にバカな人生を送ったせいで、人間の本質的な部分をいやおうなしに学ばせてもらいました」


 たどり着いたのが、処分品やサンプル品などを安価で販売するバッタ屋という仕事だった。1978年、29歳で西荻窪に「泥棒市場」を開店する。ドンキの原型はすべてここにある。


 まだセブン−イレブンが11時で閉店していた時代、深夜遅くまで一人で商品の陳列をしていたところ、営業中と勘違いした客が立ち寄った。これがナイトマーケットという鉱脈を掘り当てるきっかけとなった。商品棚は「取りにくい、見にくい、探しにくい」という、流通業の教科書をすべて否定する手法をとった。溢れかえる商品を並べるためだ。店は異様な活況を呈す。1989年、安田はドン・キホーテ一号店を府中に立ち上げた。


「当時、大手のチェーンストアが隆盛を極めていた。しかし、我々にはそれをオペレーションする資本も人材もない。すべてにおいて勝てる要素がありませんでした」


 ならばとことん逆を行こう、と安田は考えた。ただし、店のキャラだけ立てても、お客様は商品を買ってくれない。


「人の心を掴むのはどうすればいいか。心のひだに触れて、分け入っていくこと。これを商売の“座標軸”にしないと、受け入れられない」


■撮影/林紘輝


※SAPIO2015年6月号

NEWSポストセブン

「ドン・キホーテ」のニュース

BIGLOBE
トップへ