BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

好業績で注目!内需・ディフェンシブ関連の5銘柄

All About5月17日(水)21時55分
画像:好業績で注目!内需・ディフェンシブ関連の5銘柄
好業績で注目!内需・ディフェンシブ関連の5銘柄

内需・ディフェンシブ関連の好業績5銘柄

好決算銘柄について、前回は世界で活躍するハイテク企業をピックアップしました。そこで今回は、内需やディフェンシブ銘柄のカテゴリーに入る好業績銘柄を取り上げたいと思います。内需とは文字通り、国内の需要で成り立つ企業のことです。ディフェンシブとは直訳すれば「守り」ですが、株式市場では景気が悪化したとしても業績に影響の少ない企業を指します。景気が悪化しても必要な商品などを扱っていれば、そんなには悪くならないような企業を指します。

三井不動産(8801)

三菱地所と並ぶ不動産業界の大手です。分譲、ビル賃貸、商業施設など幅広く展開しています。17年3月期の売上高は1兆7044億円(前年比9%増)、営業利益は2326億円(同9%増)となりました。今期の営業利益は2450億円(前期比5%増)と順調に拡大します。前期は賃貸事業などが拡大し、今期はマンション分譲などが伸びます。18年初には大規模複合施設「新日比谷プロジェクト(仮称)」が稼動を開始する予定です。今期は費用が先行しますが、19年3月期には業績に寄与する見通しです。

日清製粉(2002)

製粉業界で圧倒的なトップメーカーです。パスタやから揚げ粉、冷凍食品など生活に密着した製品を取り扱っています。17年3月期の営業利益は前年比7%増の255億円となる、今期は260億円(前期比2%増)を計画しています。伸びが鈍化しますが、アナリストは保守的な見通しと指摘しています。製粉、食品ともに、着実に拡大。また、大型工場への生産集約で採算が改善する見通しです。決算発表に合わせて、上限700万株(発行済株式数の2.3%に相当)の自社株買いを発表しています。買い付け期間は11月30日までで、株主還元に前向きな点も評価できます。

カゴメ(2811)

トマト加工の最大手で、飲料やケチャップ、料理用ソースなど幅広い商品を展開しています。トマトそのものを販売したり、農業事業にも力を入れています。17年12月期の第1四半期(1〜3月期)の売上高は前年同期比6%増の471億円、営業利益は同約2倍の25億円となりました。トマトや野菜が入った「野菜生活」など主力の飲料事業が伸びています、通期では売上高2100億円(前期比4%増)、営業利益115億円(同5%増)となる見通しです。

アリアケジャパン(2815)

畜産系エキスを原料とした天然調味料で首位の企業です。具体的には外食など業務向けに、ブイヨンとか、デミグラスソース、ラーメンスープなどです。抽出から加工までを一貫して手がけている強みがあります。17年3月期の営業利益は前期比16%増の102億円、今期は110億円(前期比8%増)を計画しています。連続の最高益更新予想です。海外でも同社製品は評価されています。

資生堂(4911) 

国内化粧品の大手です。14年に外部人材を社長に登用し、経営改革を推進しています。企業買収に積極的に取り組んでいます。17年12月期の第1四半期(1〜3月期)の売上高は2324億円(前年同期比9%増)、営業利益は241億円(同9%増)となり、第1四半期としての最高益でした、ブランドでは「Laura Mercier」が期待通りの伸びとなりました。インバウンド需要も旺盛でした。通期では売上高9400億円(前期比11%増)、営業利益455億円(同24%増)を見込んでいます。営業利益は第1四半期で通期計画の53%を稼いでおり、上方修正に進む可能性もありそうです。
(文:All About 編集部)
©All About, Inc.

はてなブックマークに保存

All About

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード

「業績」をもっと詳しく

注目ニュース
財務省、福田氏の退職金減額へ セクハラ確認、処分相当 共同通信4月27日(金)1時36分
財務省は26日、週刊誌でセクハラ疑惑が報じられ財務事務次官を辞任した福田淳一氏について、事実上の処分に踏み切る方針を固めた。調査を通じて懲…[ 記事全文 ]
赤字200万で老後破綻招く妻の"悪だくみ" プレジデント社4月1日(日)11時15分
「定年後」に一変することがある。家計簿の習慣があった妻(60)は、夫(61)が定年を迎えると、その習慣をやめ、夫婦の「マネー会議」も自然消…[ 記事全文 ]
"入社4日目"で退社した新社会人の言い分 プレジデント社4月26日(木)15時15分
■2日目で違和感、3日目で決断街中で希望溢れる若々しい新人を目にする機会が増えた4月、すでに「新入社員」を辞めてしまった者も一部ながら存在…[ 記事全文 ]
財政収支、25年にゼロ=消費税率14%を—小林同友会幹事 時事通信4月27日(金)0時2分
経済同友会の小林喜光代表幹事は26日、報道各社の共同インタビューに応じた。社会保障制度の持続可能性を確保するため、団塊の世代が全て75歳以…[ 記事全文 ]
スマホ「4年縛り」、説明義務化…総務省方針 読売新聞4月27日(金)7時7分
スマートフォンを4年間の分割払いで販売する「4年縛り」と呼ばれる販売プランについて、総務省は携帯大手と販売店に対し、販売条件の十分な説明を義務付ける方針を固めた。スマホ販売時の説明項目を定めた電気通信事業法の指針を6月にも改定し、違反した場合は電気通信事業法に基づく業務改善命令を出すことも検討する。…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア