先輩社会人に聞いた! 新人時代の一年で成長を実感できた人は4割「責任感が身についた」「コツをつかんだ」

5月18日(月)11時0分 マイナビスチューデント

先輩社会人に聞いた! 新人時代の一年で成長を実感できた人は4割「責任感が身についた」「コツをつかんだ」

写真を拡大

新人社会人にとっての1年はとても長く重要な期間ですよね。やることは山ほどあるし、わからないことだらけ。でもそんな時期の1年を過ぎると、多くのものを身に付けて、成長している自分に気づいたりすることも。今回は社会人男女を対象に、新人時代の一年で成長を時間できたかどうか、聞いてみました。

■新人時代の一年で、成長を実感することはできましたか?
実感できた    145人(41.3%)
できなかった   206人(58.7%)

まずは「できた」「できない」について調査しところ、「できなかった」という意見が6割弱という結果になりました。一方時間できたという人も4割に。

では、成長できたと思っている人にどの点で成長したと思うか聞いてみましょう。

■どのような点で成長できたと思うのか教えてください
●大人になった
・理不尽なことが多いということを理解して受け入れるようになったから(女性/30歳/食品・飲料)
・忍耐強くなった(女性/34歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・責任感が身についたと思う(女性/31歳/情報・IT)
・社会人としての意識が付いたと思う(男性/32歳/学校・教育関連)

学生時代の感覚から大人・社会人の考え方への変化が大きな成長と感じている人が多いようですね。責任感や忍耐力など学生時代とは違う感覚に慣れなければならないことが多いですからね。

●スキルがついた
・大まかな仕事はほとんど自分でできるようになったから(男性/43再/機械・精密機器)
・多くの人と関わり、対人スキルが身についた(女性/28歳/団体・公益法人・官公庁)
・専門知識を身に付けられたから(男性/30歳/機械)
・社内用語がスラスラ出てくるようになった(女性/23歳/生保・損保)
・ビジネステリトリーが圧倒的に拡大した(男性/31歳/食品・飲料)

仕事上のスキルというのは、わかりやすい成長かもしれませんね。多くの人が身に付いたスキルで仕事が以前よりはかどったと実感していることが良くわかります。

●マナーやルール
・マナーなどの基本的なことが身に付いたから(女性/24歳/機械・精密機器)
・スキルはもちろん、ビジネスマナーを学んだことが大きいと思う(男性/46歳/その他)
・基本的な社会のルールをマスターできたと思うので(男性/50歳以上/不動産)
・職場内での生き方を学んだ(女性/29歳/学校・教育関連)

学生時代とは全く違う、社会人としてのマナーやルールというのは山ほどありますよね。そんなことも実際に社会人にならないとわからないことですから、1年目で新たに身に付けた人が多いのも頷けます。

●仕事ができるようになった
・だいたいの商品を覚えたし、コツもつかんできたので(男性/47歳/電力・ガス・石油)
・怒られてばかりだったのが、褒められる機会が増えた(女性/27歳/医療・福祉)
・仕事の基礎が一通りわかったし、取引先を把握することができたから(女性/25歳/商社・卸)
・仕事が楽しいということを感じられたから(女性/28歳/食品・飲料)

1年という短い間で仕事のことを理解してできるようになったと実感できた人がとても多いですね。自然に身体が動いていたという人は本当に成長していますよね。

●その他
・2年目は後輩を指導できるようになっていたから(男性/38歳/通信)
・お金をもらうことの大変さを知ったから(男性/34歳/商社・卸)
・財務諸表を読めるようになったから(女性/38歳/情報・IT)
・怒られなくなったから(女性/31歳/情報・IT)
・新人ではないと自分で感じられるようになったので(男性/35歳/団体・公益法人・官公庁)

他にもいろいろな点で、成長を実感しているというコメントが寄せられておりました。

いかがでしたか? 自分の成長を実感できることは、とても素晴らしいことですよね。やる気もさらに出てきますし、先のことも考えられるようになるものですね。みなさんもぜひ自分の成長度合いを測ってみてくださいね。

文●ロックスター

調査時期:2015年5月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象数:社会人男女351人(インターネットログイン式)

マイナビスチューデント

成長をもっと詳しく

トピックス

BIGLOBE
トップへ