大きな文字とイラストでラクラク操作 シャープ「AQUOSブルーレイ」

5月18日(土)11時3分 J-CASTニュース

2TBモデルの「BD-W2300」

写真を拡大

   シャープは2013年5月29日、大きな文字とイラストで操作項目を表示する「ビジュアルホームメニュー」を取り入れたダブルチューナータイプの「AQUOSブルーレイ」2機種を発売する。



スマホでの「リモート予約」機能も

   「ビジュアルホームメニュー」は、「見る・編集」「予約する」「ダビング」などの操作項目を大きな文字とイラストで表示するインターフェース。操作したい項目を一目で見つけることができ、操作ガイダンスも表示されるので、簡単に使えるという。


   長時間モードで録画した番組をノイズの少ない高画質で再生できる「高画質マスターエンジンBD」を搭載する。長時間モードで録画した際に発生しやすいブロックノイズや文字などのエッジノイズを低減し、ノイズの少ない映像が楽しめる。また、スマートフォンで番組検索や録画予約ができる「スマートフォン リモート予約」機能を備え、外出先からも見たい番組を手軽に探して録画予約が可能だ。


   価格はオープンだが、想定実売価格はハードディスク容量が2テラバイトの「BD-W2300」が10万円前後、1テラバイトの「BD-W1300」が8万円前後とみられる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

シャープをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ