模倣品の闇と戦うブランド開発企業の姿 (1) 革新的なブランドを次々開発

5月18日(金)9時31分 マイナビニュース

ブランドの構築は、企業にとって収益拡大の大きな柱。そして、強いブランドがあるからこそ、企業間競争で優位に立つことができる。ただ、このブランドを大きく揺るがす存在がある。そう、“模倣品”だ。

MTGという企業をご存じだろうか。企業名だけではピンとこない方もいらっしゃるだろうが、同社が手がけている商品を聞けば、「あ! あの商品の開発企業か」と思い当たることと思う。
○多くの人が知る商品

MTGの本社・開発センターは、愛知県名古屋市にある

有名どころを挙げていこう。まず「ReFa」(リファ)というブランドがある。これは、クレンジングや洗顔、化粧水、美容液といったスキンケアの総合ブランドだが、もっとも有名なのは、美容ローラーというもの。ハンドルに2つの球体がついており、それを顔の肌やボディで転がすことにより、引き締める効果がある。

続いて「SIXPAD」。これはトレーニングに効率的な20Hzの周波数を利用したEMS(Electrical Muscle Stimulation)機器で、体を激しく動かさなくても筋肉を刺激し、運動と同じような効果が得られるというもの。SIXPADは、京都大学 名誉教授 森谷敏夫氏の理論をもとに、世界屈指のサッカー選手、クリスティアーノ・ロナウドと共同開発で生まれた製品だ。

このほかにも、口にくわえ、カモメの羽のようなブレードを振ることで顔のフィットネスができる「FACIAL FITNESS PAO」といった製品がある。製品の紹介はここまでにして、同社が直面している問題について触れよう。そう、冒頭で述べた模倣品に悩まされているのだ。

マイナビニュース

「ブランド」をもっと詳しく

「ブランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ