【JAF京都】京都で「チャイルドシート取り付け点検」を実施します

5月18日(火)18時46分 PR TIMES

2人に1人が間違った取り付け! 正しい方法ご存じですか?

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)京都支部(支部長:奥田俊彦)は、6月16日(水)に「チャイルドシート取り付け点検」を同支部(京都市南区)で実施します。

このイベントは、チャイルドシート指導員の認定を受けたJAF職員が、参加者のチャイルドシートの取り付け状況をチェックし、ご自身で正しく取付けられるようにアドバイスいたします。
JAFが警察庁と合同で実施した「チャイルドシート使用状況全国調査(2019年)」によると「腰ベルトの締め付け不足」など、しっかり取り付けられていない(ミスユース)が52.4%と半数以上を占めています。また、チャイルドシートに正しく着座していた子どもは42.2%で着座状況についても課題であることが判りました。
JAF京都支部では、子どもの安全のために、チャイルドシートの適正な使用を呼びかけています。
[画像: https://prtimes.jp/i/10088/3496/resize/d10088-3496-723347-0.jpg ]

■実施概要
【日  時】6月16日(水)14時から16時30分
【場  所】JAF京都支部(京都市南区上鳥羽大溝5)
【内  容】チャイルドシート取り付け点検
【募集定員】3台(1台約30分)
【参加費用】無料
【応募方法】以下URLよりWEB申込 
https://jaf.or.jp/common/area/2021/kansai/kyoto/seminars/proper-use-child-restraints/0616-01
【締切日】6月7日(月)※応募多数の場合は抽選のうえ、6/9までに結果をお知らせいたします。   

PR TIMES

「JAF」をもっと詳しく

「JAF」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ