そうだったのか、「ブルー・トレイン」の誕生秘話

5月19日(木)18時8分 J-CASTニュース

「JAZZ PERSPECTIVE」第2号

写真を拡大

   ディスクユニオンはジャズ専門雑誌「JAZZ PERSPECTIVE(ジャズ・パースペクティブ)」の第2号を2011年5月18日から発売している。B5版、136ページで価格は1000円。



   2010年11月に創刊したジャズ・パースペクティブは、ジャズの過去から現代の深部と周縁をビジュアルでひもとく新しい雑誌だ。VOL.2の特集は「イタリアン・ジャズ」。イタリアでレーベルを主宰するルチアーノ・カントーネ氏のインタビュー記事や、ピアノトリオファンを魅了してきた名盤「ブルー・トレイン」の誕生秘話、杉田宏樹氏による現代ジャズ総括、近藤洋氏の「イタリアン・ジャズの黄金期」など、読みごたえのある記事を揃えた。



   ほかにも、100畳のオーディオルームとレコードのコレクション持つ「B氏」宅を編集長の山本隆氏が訪れた「コレクター訪問」や、今回からの新連載「映画とジャズ&ポスター」、岩手県・一関市にあるジャズファンの聖地・ジャズ喫茶ベイシーを訪れた「ジャズ喫茶 極道列伝」など盛りだくさんの内容だ。また「Reviews.JP」では、山本氏やブックディレクターの内沼晋太郎氏などの10人が「2011年ブレイクが期待されるアーティストの作品」・「私だけが知っているかもしれない私的名盤」をテーマに思い思いのタイトルをセレクトした。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「イタリア」のニュース

BIGLOBE
トップへ