Web発表会で話題の「メルセデス・ベンツ新型SLK」、インタラクティブムービー「SPEED DATE」も公開中

5月19日(木)19時14分 J-CASTニュース

「メルセデス・ベンツ新型SLK」Web発表会のワンカット

写真を拡大

   メルセデス・ベンツ日本は、2シーターオープンカー「メルセデス・ベンツ新型SLK」を7年ぶりにフルモデルチェンジ。2011年5月18日からの予約販売開始に伴い、同日、自動車業界初となる事前収録の動画形式によるWeb上での発表会(http://special.mercedes-benz.co.jp/SLK-Class/)を行った。



   ネット上のみで実施された同発表会(現在も公開中)は映画並みの演出を施した動画形式で、メルセデス・ベンツ日本のニコラス・スピークス社長や上野金太郎副社長が、また「謎の美女」がナビゲーターとなって、新型「SLK」の魅力を伝えている。さらに、サイト内では、その「美女」と臨場感あふれるドライブデートが楽しめるインタラクティブムービー「SPEED DATE」も公開中だ。


   メルセデススポーツカーのDNAを受け継ぎながら、ダイナミックに進化した今回の新型「SLK」。新たに装備されたもののなかでも一番の注目は、世界初の技術である「マジックスカイコントロール」だろう。ボタン一つでルーフの透明度が変えられ、天候を選ばずにいつでも広々とした空が楽しめる。


   また、ロードスターカテゴリーにおいてトップクラスの動力性能と環境性能を実現させていることも特筆すべきポイントだ。最適なタイミングでシフトチェンジできる新世代7速オートマティックトランスミッション「7G-TRONIC PLUS」や新型直噴ガソリンエンジン、BlueDIRECTテクノロジーの採用により、燃費性能とCO2排出量の大幅な改善にも成功している。価格は525万円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「メルセデス・ベンツ」をもっと詳しく

「メルセデス・ベンツ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ