BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

豊田章男体制が9年目突入、“等身大”の減益決算はトヨタを変えるか (1) 自動車大転換期に強い危機感を持って臨む

マイナビニュース5月19日(金)7時0分
画像:豊田章男体制が9年目突入、“等身大”の減益決算はトヨタを変えるか (1) 自動車大転換期に強い危機感を持って臨む
写真を拡大
「現在の実力が素直に表れた」。トヨタ自動車の豊田章男社長は、営業利益で前期比3割減となった2017年3月期決算をこう評した。今期も減益の予想だが、研究開発に過去最高規模となる1兆500億円を投じる計画とするなど、トヨタからは、自動車業界が大転換期を迎える中での危機感が強くにじむ。もうすぐ9年目を迎える章男社長体制のトヨタは変わるのか。

○自動車産業は未知の領域に?

「クルマそのものはもちろん、未来の自動車産業も従来とは全く違った世界になるかも知れない」。章男社長が2017年3月期決算発表の場で語ったのは、自動車産業全体がパラダイムシフトを迎える中で、トヨタが変わろうとする決意だった。

また、「今回の決算は、目先の利益確保を最優先するのではなく、未来への投資も安定的・継続的に進めていくというトヨタの意思が表れたもの」として、今期の研究開発費を前期比1%増の1兆500億円と過去最高水準を継続すると説明した。

研究開発投資は4年連続で1兆円を超えることになる。2017年3月期(前期)連結決算の純利益が前期比20.8%減の1兆8311億円であったのに対し、2018年3月期(今期)の業績予想では純利益がさらに18%減って1兆5000億円となる見通しと、2年連続の減益となる予想だが、研究費は積み増す格好だ。

2年連続の減益予想には、トヨタが為替レートを1ドル=105円と保守的に見積もったことが影響している。トヨタの場合、為替が1円振れると損益に400億円の動きが出るからだ。

それでも、今期は1兆500億円を研究開発費に、1兆3000億円を設備投資をつぎ込むというトヨタの姿勢を見ると、2017年6月で就任後9年目を迎える章男社長は、自動車業界の大転換期に危機感をもって臨む決意を強くにじませたものといえる。

○賢いクルマのつくり方を追求

決算発表で章男社長は、トヨタの“もっといいクルマづくり”の原点が「コンパクトカー」にあると断言。2016年に導入したカンパニー制の中でも、トヨタコンパクトカーカンパニーにおいて、ダイハツ工業も巻き込み、良品廉価と安全・快適の追求を進めることで、トヨタのクルマづくりを変えることも強調した。

トヨタのカンパニー制は、2017年4月に製品軸で7カンパニーから9カンパニーに整備されたが、コンパクトカーをベースに、「もっといいクルマづくり」に「賢いつくり方」を加えて、カンパニー同士が競争・切磋琢磨していく方向をとることになる。「大きい会社になり過ぎたトヨタ」が変わる試金石ともなろう。

はてなブックマークに保存

最新トピックス

経済トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「トヨタ」をもっと詳しく

注目ニュース
懐かしアイス「ダブルソーダ」が消えた パキッと割って恋人と...「俺の青春」「寂しい」 J-CASTニュース7月28日(金)18時44分
森永乳業のロングセラーアイス商品「ダブルソーダ」の販売が終了した。1983年の発売以来、手頃な価格と変わらぬ味で幅広い世代から人気を集めて…[ 記事全文 ]
ポルシェ2万台、排ガス規制逃れ…リコール命令 読売新聞7月28日(金)21時13分
【ロンドン=戸田雄】ドイツのドブリント運輸相は27日、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)傘下のポルシェが、ディーゼル車で排ガスの規制逃れをしていたとして、対象車をリコール(回収・無償修理)するよう命じた。ロイター通信など海外メディアが一斉に報じた。[ 記事全文 ]
シャープ、7年ぶり黒字 4〜6月期、液晶が堅調 共同通信 47NEWS7月28日(金)15時48分
シャープが28日発表した2017年4〜6月期連結決算は、売上高が前年同期比19.6%増の5064億円で、純損益は274億円の赤字から144…[ 記事全文 ]
16の国と地域でストア1位を獲得したスマートフォン向け人気ゲームアプリ「ドラゴンボールZ ドッカンバトル」全世界で2億ダウンロードを突破! 当社初の全世界同時での記念キャンペーンを本日より開始! ドリームニュース7月28日(金)17時0分
株式会社バンダイナムコエンターテインメント(本社:東京都港区、代表取締役社長:大下聡)が配信している人気ゲームアプリ「ドラゴンボールZドッ…[ 記事全文 ]
資生堂、日焼け止め41万個回収 使用時にざらつき感 共同通信 47NEWS7月27日(木)16時25分
資生堂は27日、日焼け止め商品3種類の一部、約41万個を回収すると発表した。使用時にざらつき感があるためで、健康への影響はないという。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア