位置情報ビッグデータ分析ツール「LOGIO(ロヂオ)」ユーザーグループ毎の趣味嗜好・行動パターンの違いを独自の特許技術で可視化するペルソナ分析サービスを提供開始

5月19日(水)10時46分 PR TIMES

株式会社ジェーエムエーシステムズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:坂倉猛 以下、JMAS)と株式会社ピース企画(本社:東京都武蔵野市吉祥寺、代表取締役:森田晋平 以下、ピース企画)は、株式会社ドコモ・インサイトマーケティング(以下、DIM)の協力のもと行ってきた約一年間の実証実験において一定の成果を得られたことから、JMASとピース企画の両社が共同で開発する位置情報ビッグデータの分析・可視化ツール「LOGIO(ロヂオ)」の新たな分析機能として「LOGIOペルソナ分析」の運用を開始したことをご報告いたします。

「LOGIOペルソナ分析」は、近年増加しているペルソナ調査の顧客ニーズに応えるため、調査エリア内で活動するユーザー群の趣味嗜好・行動パターンの違いを捉えることを目的とした新たな統計手法です。位置情報ビッグデータに対しスポット情報を掛け合わせ独自の特許技術によるクラスタリング処理を行うことで、趣味嗜好・行動パターンの類似性からユーザー群を任意の複数グループに分類した統計データを生成し可視化します。

これまで在住者の価値観や来訪者の目的を定量的に把握するためには大規模なアンケート調査等が必要でしたが、本機能では簡易に精度高くペルソナ調査を行え、人々と地域の個性に合わせた街づくり計画、出店計画、プロモーション、レコメンデーション等にご活用いただけます。

[画像: https://prtimes.jp/i/18623/27/resize/d18623-27-860204-1.png ]


「LOGIO(ロヂオ)」は、今後も分析精度の向上および分析範囲の拡大に努め、日々変化する街並みや社会現象を定量的に解釈する手段として、自治体・企業に限らず地域に暮らす皆様にもご活用いただけるよう一部データのオープン化に取り組むなど、引き続き良質で有益な街と文化のデータベースの構築を目指して参ります。

■LOGIO(ロヂオ)
JMASとピース企画が共同で開発する位置情報ビッグデータの分析・可視化ツールです。人々の営み、日々変化する街、現代の社会現象について、場所・時間を定め科学的に把握しようと試みる学問、『考現学(modernologio)』がツール名の由来です。

「どのような人々が、どのような場所で、どのような活動をしているのか」
その土地ごとのライフスタイル・文化・経済を独自の統計手法によって可視化していくことで、これからの多様性ある社会・持続可能な社会の発展に寄与したいと考えています。
https://logio.life/
https://www.jmas.co.jp/services/logiopersona.php

■株式会社ジェーエムエーシステムズについて
1971年創立。企業の経営戦略とITをつなぐ、日本能率協会グループのシステムインテグレーターです。システムコンサルティング、クラウド構築・運用、モバイル向けシステム開発等を提供しています。

■株式会社ピース企画について
2017年設立。位置情報SNSやライフスタイル系メディアの企画・開発・運営を行っています。

PR TIMES

「ビッグデータ」をもっと詳しく

「ビッグデータ」のニュース

「ビッグデータ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ