清水建設社長が語る“五輪後”の勝算

5月20日(金)9時0分 ダイヤモンドオンライン

Photo by Kazutoshi Sumitomo

写真を拡大

業績好調だが、人手不足や国内市場の縮小など課題が山積する建設業界。4月1日付で清水建設社長に就任した井上和幸氏に、今後の戦略を聞いた。


──社長交代を発表した2月の記者会見で、「東京オリンピック後の建設需要は、そう大きく落ち込むとは思っていない」との見方を示しました。


 国内では五輪後も、大都市での再開発プロジェクトや、土木インフラ工事の需要が見込めます。建築分野で求められるのは、単なる新しいビルではない。(環境対応や省エネなど)新しい価値も必要です。古いビルのリニューアル需要もある。また都市部では、木造住宅密集地がまだ多く、再開発計画が今後も出てくるでしょう。


 大手が対象とする市場が、急激に縮小するとは考えにくい。こうしたニーズをしっかりと取り込む提案力が必要です。


 土木分野では、リニア中央新幹線の工事は相当のボリュームがありますし、既存の設備の維持更新需要もある。工事自体がなくなるわけではありません。


──リニア中央新幹線の山岳トンネル工事は、公表ベースではまだ受注できていません。


 トンネルでも1工区は受注したいですね。開通後に品川駅から乗車して、「うちがやりました」という工区がないと、寂しいですからね(笑)。




続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「清水建設」のニュース

BIGLOBE
トップへ