内外装を黒で統一、マスタング特別仕様車

5月20日(日)16時8分 J-CASTニュース

マスタング V8 GT クーペ Glassroof THE BLACK

写真を拡大

   フォード・ジャパン・リミテッドは、マスタングの特別仕様車「Mustang THE BLACK」を、2012年5月26日に35台限定発売する。



開放感あふれるグラスルーフ

   人気の黒のボディーカラーに、黒のインテリアという標準車では設定されていないカラーコンビネーションを採用し、マスタングのスポーティーな印象をより強くアピールする仕様としたほか、特別装備となっている、プラスチックフィルムを2枚のガラスが挟む三層構造のグラスルーフが、赤外線を90%、紫外線を96%遮断する。


   スポーティーなクーペスタイルで、さらにコンバーティブルのような開放的なドライビングが楽しめるグラスルーフは、2011年V8モデルの特別仕様車に装着し好評だったが、今回は新たにV6モデルにも設定し、ユーザーの選択肢を拡大したという。


   全国希望小売価格は、V8 5.0L DOHCエンジンを搭載した「マスタング V8 GT クーペ Glassroof THE BLACK」が505万円、V6 3.7L DOHCエンジンを搭載した「マスタング V6 クーペ Glassroof THE BLACK」が435万円。


特別試乗イベントも

   今回の限定車の発売に合わせて2012年5月26日から順次、フォードディーラーの21店舗でマスタング特別試乗イベントも開催される。そこでは、「Mustang THE BLACK」の展示のほか、来場者にマスタングのオリジナルグッズがプレゼントされるなど、さまざまな企画も用意されている。開催日程については、フォード・ジャパンのホームページ(http://www.ford.co.jp/)で確認できる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

採用をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ