【amsプレスリリース】ams、Ibeo、ZFが提携、自動車業界へ向け業界初のソリッドステートLiDARシステムを提供

5月21日(火)15時0分 ドリームニュース

ams独自のレーザーアレイが業界初のソリッドステートLiDARシステムをIbeoとZFに提供

高性能センサソリューションをグローバルに提供する大手サプライヤーのamsの日本法人amsジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリーマネージャー:岩本桂一)は本日、自律走行やその他のアプリケーションにてソリッドステートのLiDAR技術を促進するために、amsがオートモーティブLiDARセンサー技術の専門企業であるドイツのIbeo Automotive Systems GmbH(以下、Ibeo)、モビリティにおける世界的なリーディング・テクノロジー・カンパニーのひとつであるZF Friedrichshafen AG(以下、ZF)と提携することを発表しました。3社は、2021年までにこの技術を迅速かつ安全に導入できるよう、共同で研究開発を行います。

LiDARは周囲の物体へレーザー光を照射し、物体の反射を検出することで距離と方角を測定する光学センシング技術です。優れた距離と解像度の特性はレーダーとカメラを補完し、自律走行車産業の「最高峰」であるSAEレベル5*、つまり完全自律走行を実現します。

amsはオートモーティブグレードのVCSEL(面発光型半導体レーザー)アレイとドライバを提供し、エッジエミッターやLEDといった競合する光源よりも優れた信頼性と安定性を実現します。光ビームの方向を切り替える際に機械部品を必要とせず、信頼性を改善しつつ複雑性、寸法、重量、コストを削減できるソリッドステートLiDARにおいて、amsは照明ソリューションを販売する初の企業となります。高い信頼性とスモールフォームファクタのおかげで、ソリッドステートLiDARは自動車分野における大規模なLiDAR実装の道を開きます。

IbeoのCEO、ウルリヒ・ラゲス(Ulrich Lages)博士は次のように述べています。「LiDARは既に自動車分野における中核技術となっており、今日に至るまで当社の主力製品は欧州および世界中の自動車企業で採用されています。ソリューションに関する当社のノウハウをamsのVCSEL技術と組み合わせることで、自動車分野におけるソリッドステートLiDARは転機を迎えることになります」

ZFのグローバルエレクトロニクスADAS部門シニアバイスプレジデント、アーニャ・デナーリ(Aine Denari)は次のように述べています。「自動車業界向け電子モビリティと自律走行ソリューションのグローバルリーダーとして、当社は統合安全機能、モーション制御、デジタル化に関する世界的な展開と専門知識を活用し、LiDARをグローバルに次の次元へ導く独自の手法を提供します。この提携は、世界中で自律走行の安全な現実化のために貢献すると考えています」

amsのCEO、アレクサンダー・エヴァーク(Alexander Everke)は次のように述べています。「市場初のソリッドステートLiDARを投入することにより、amsはIbeoとZFに対してユニークなケイパビリティを提供することになります。Ibeoが誇る最先端のソリューション、統合能力、LiDARに関する豊富な経験と組み合わせることで、自律走行に必要とされるミッションクリティカルな信頼性を求める自動車メーカーに対し、私たちは他に類を見ないソリューションを提供できます」

amsについて
amsは先進的なセンサソリューションの設計と製造におけるグローバルリーダーです。当社のミッションは、人とテクノロジーの間にシームレスなインターフェースを提供することで、センサソリューションで世界を牽引することです。amsの高性能センサソリューションは、小型フォームファクタ、低消費電力、最高感度、そして複数センサの統合を必要とするアプリケーションに最適です。amsは、民生、通信、産業、医療、自動車の各市場に向けて、センサソリューション、センサIC、インターフェースおよび関連ソフトウェアを提供しています。amsは、オーストリアのウンタープレムシュタッテンに本社を置き、グローバルで約9,000人の従業員を有し、8,000のお客様を支援しています。amsは、スイス証券取引所(SIX)に上場(ティッカー・シンボル:AMS)しています。詳細については、https://www.ams.comをご覧ください。amsのソリッドステートLiDAR照明ソリューションに関する詳細情報は、https://ams.com/LiDARをご参照ください。

amsはams AGの登録商標です。また、当社製品およびサービスの多くはams Groupの商標または登録商標です。ここで記載されるその他全ての企業名および製品名は、各所有者の商標または登録商標である場合があります。本プレスリリースで提供される情報は公開時点にて正確であることが確認されており、予告なく変更される場合があります。

Ibeoについて
Ibeo Automotive Systems GmbHはLiDAR(光検出と距離測定)センサ、関連製品、ソフトウェアツールにて世界をリードする技術企業です。同社の技術は安全補助システムとして自動車に適用されたり、自律走行の現場で活用されています。同社の目標は運転プロセスにおいて車を運転手のパートナーとするべくモビリティを再定義し、交通をより安全にすることです。Ibeoはドイツのハンブルグとオランダのアイントホーフェンにて350名以上の従業員を擁します。2016年以降、ドイツの自動車サプライヤーであるZF Frie-drichshafen AGの100%子会社、Zukunft Ventures GmbHがIbeo Automotive Sys-tems GmbHの株式を40%取得しています。2018年、Ibeoは創立20周年を迎えました。詳細情報は以下をご参照ください。https://www.ibeo-as.com/

ZF Friedrichshafenについて
ZFは乗用車、商用車、産業技術のためのシステムをグローバルに展開するテクノロジー企業で、次世代のモビリティを可能にしています。総合的なテクノロジー・ポートフォリオを有しており、大手自動車メーカー、モビリティプロバイダー、また輸送やモビリティ分野のスタートアップ企業に対して、統合的なソリューションを提供しています。ZFでは、車が「見て」、「考えて」、「行動できる」ようになるため、デジタル・コネクティビティやオートメーション領域のシステムを常に強化しています。

2018年、ZFは369億ユーロの売上を達成しました。社員数は14万9千名で、40カ国に渡り約230カ所で勤務しています。ZFは、毎年売上の6%を研究開発費に充てています。報道関係用の情報や写真については以下を参照ください。https://www.zf.com/


配信元企業:amsジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

ドリームニュース

「自動車」をもっと詳しく

「自動車」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ