スカート姿でも乗り降りしやすい 電動アシスト自転車

5月21日(月)14時1分 J-CASTニュース

「ビビ・ライト・U」。樹脂素材バスケットなどを採用

写真を拡大

   パナソニック サイクルテックは、バスケット、リヤキャリヤを標準搭載し、軽量設計で扱いやすい電動アシスト自転車「ビビ・ライト・U」を、2012年6月1日に発売する。希望小売価格は、10万5000円。



21.5キロに軽量化

   軽量アルミ合金のフレーム、軽さと丈夫さを備えた樹脂素材のバスケットなどを採用することで、バスケットやリヤキャリヤが標準装備で21.5キロという軽量化を実現した。1回の充電で約20キロメートル走行可能な5Ahバッテリーを搭載し、電動アシスト自転車としての快適性も追求しているので、力に自信のない人でも扱いやすく、快適な自転車走行が楽しめる。


   また、小柄な人やスカートを着用した女性、高齢者でも乗り降りしやすいU型フレームを採用している。


   フレームカラーは、GCホワイト、ヴィクトリアチェリー、チョコブラウンの3種類。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「自転車」のニュース

BIGLOBE
トップへ