たばこファンを煙に巻く? 「キャビンとキャスターが『洋モク』ウィンストンに」のナゾを解く

5月21日(木)19時35分 J-CASTニュース

たばこファンを煙に巻く・・・ (画像は、JTのホームページ)

写真を拡大

   日本たばこ産業(JT)が販売している、たばこブランドの「CABIN」(キャビン)と「CASTER」(キャスター)が、「Winston」(ウィンストン)に統合される。

   「キャビン」と「キャスター」といえば、ともに日本国内で30年以上にわたって売れているロングセラーブランド。それが「ウィンストン・キャビン」「ウィンストン・XS・キャスター」として、2015年8月上旬に発売される。


「ウィンストン」、日本での知名度低い


   JTの「キャビン」は1978年に、「キャスター」は1982年に発売。国内では首位の「メビウス」や「セブンスター」に次ぐ主力ブランドで、高い品質と、こだわりの味と香りで多くのファンを得ている。


   2015年5月20日、JTはそんなキャビンとキャスターを、味と香り、価格はそのままに、新たに「ウィンストン」の名称を冠するとともに、パッケージを世界統一のデザインに刷新すると発表した。


   国内では、8月上旬からブランド名を「ウィンストン・キャビン」、「ウィンストン・XS・キャスター」に順次切り替え、10月中旬からは新しいデザインのパッケージへと刷新する。


   名称変更について、JTは「まずは『ウィンストン』の、国内での認知度をアップしてからアジアをはじめ世界展開を強化していくことを考えています」と説明する。


   ウィンストンは1954年の米国生まれ。60年余の歴史と伝統をもち、年間約1300億本が売れる、「マールボロ」に次ぐ世界第2位の販売量を誇るグローバルブランド。1999年に、JTが米R.J.レイノルズ・タバコ・カンパニー(RJR)から買収した。


   それにもかかわらず、日本国内での知名度はあまりパッとしない。国内での発売は「統合作業に時間がかかった」こともあり、2005年と出遅れ。また、買収の経緯から「ウィンストン」には輸入たばこのイメージがついていることもある。


   JTは「世界的な知名度はありますから、早く日本での知名度の低さを解消したいと思っています」と、意欲をみせる。


   JTの「キャビン」と「キャスター」の名称変更についてインターネットでは、


「そもそも、タバコ自体が不人気なんじゃね?どうしたいわけ」

「『ウィンストン』って言われてもな・・・」

「名前を変えただけで何か意味があるのか?」

といった声が寄せられている。


   また、


「俺は吸わないのでよくわからないが、タバコ屋とかコンビニで売ってるタバコを見ると、種類がいっぱいあるのな」

「パッケージがカッコよすぎるんだけど。海外みたいに買うのをためらうような画像を付けるべきだわ」

といった、たばこの銘柄数の多さや健康面への配慮などを指摘する声もある。


海外展開ブランド、国内販売本数の約3.5倍に


   日本では、たばこを吸う人が減っている。厚生労働省「最新たばこ情報」の成人喫煙率(国民健康栄養調査)によると、習慣的に喫煙している人の割合は2013年に19.3%。このうち、男性が32.2%、女性は8.2%だった。10年前と比べて、男性で7.1ポイント、女性で3.8ポイント減り、男女ともにこの10年間は減少傾向にある。


   また、国内の紙巻たばこの上位20銘柄は、JTの「セブンスター」が53億1500万本でトップ。次いで、「メビウス・ワン100'Sボックス」の43億2600万本、「メビウス・スーパーライト」の42億7800万本と続く。「キャビン・マイルド・ボックス」は21億8700万本で13位、「キャスターマイルド」は26億9500万本で19位だった(2014年度第3四半期累計、日本たばこ協会調べ)。


   とはいえ、「(国内は)総じて、年々減少傾向にあることは変わりません」(JT)。


   その半面、「ウィンストン」や「キャメル」など、JTが海外展開するブランドの販売総本数は2014年に3980億本で、じつに国内紙巻きたばこの販売本数(1124億本)の約3.5倍にのぼっている。


   こうした背景から、JTはウィンストンの「グローバルNo.1ブランド」への成長を目指している。今回の名称変更は、海外でのウィンストンの知名度と、キャビンとキャスターの品質のよさを統合することで、今後はアジアを中心とする世界でさらに売り上げを伸ばす狙いがある。


   ウィンストンは現在、日本を含む世界111か国・地域で販売されている。いわば、JTのたばこ事業の成長を支える、けん引役だ。JTの小泉光臣社長は2015年5月20日の記者会見で、「ブランドの統合によって、世界第1位のたばこメーカーへの飛躍を目指したい」と語った。

J-CASTニュース

「キャスター」のニュース

BIGLOBE
トップへ