緑茶を愛し、肉より魚。出世の野望はなし。まったく若さを感じない新人って職場にいる?

5月22日(金)11時0分 マイナビスチューデント

緑茶を愛し、肉より魚。出世の野望はなし。まったく若さを感じない新人って職場にいる?

写真を拡大

新人といえば、初々しくフレッシュな雰囲気を期待していまいますが、実際には元気がない、態度が大ベテランなど、おもいのほか「若さがない......」と感じてしまう若手もいますよね。そこで今回は社会人に「まったく若さを感じない新人」についてエピソードを聞いてみました。

■新人たちの口癖は「疲れたー」
・すぐ疲れたという(女性/21歳/情報・IT)
・すぐにだるいという(男性/33歳/学校・教育関連)
・ため息が多い(女性/28歳/学校・教育関連)

最も多かったルーキーたちの口癖は「疲れた」。他にも、だるい、眠い、しんどいを連発している様子。慣れるまで疲れやすいのはわかりますが、これらの言葉、聞かされるまわりも、どっと疲れるんですよね......。

■よいしょ! どっこいしょ!
・荷物を持つときにヨイショと言うこと。(男性/27歳/情報・IT)
・「どっこいしょ」が口癖の新人は若さを感じない(女性/30歳/医療・福祉)
・おやじギャグをいう(女性/39歳/医療・福祉)

ベテラン好みのフレーズが、ピチピチの新人から発せられると衝撃ですよね。しかし「よいしょ!」という掛け声はすでに日本語として定着している感もありますが......。

■NOと言える大型新人
・明日に響くといって酒を飲まない(男性/35歳/小売店)
・運動しようよと言ったら「疲れますから」と言われた(女性/23歳/機械・精密機器)
・カラオケオールを誘ったら「もう体力がない」と途中で眠ってしまった(女性/27歳/人材派遣・人材紹介)
・飲み会に誘ったら「明日早いんで」と21時解散なのに来なかった(男性/36歳/機械・精密機器)

まわりの誘いをスパッと無視する振る舞いは、もはや大御所の域。数年後、大物に化けるのか、それとも......。

■体がもう、あれなんで
・いつも疲れて風邪をひいたとマスクをしている(女性/28歳/電機)
・「最近お酒が飲めなくなってきたんすよね〜」って、まさか24歳の口から聞くと思わなかった(女性/33歳/小売店)
・「肉より魚のほうがおいしく感じるようになってきました」と魚料理を注文していた(男性/32歳/機械・精密機器)

まるで中年同士の会話でしょうか。もう少しの間でいいので、お酒を楽しんで、脂っこいものをどんどん食べてもらいたいところです。

■健康志向
・いつも緑茶ばかり飲んでいる(男性/30歳/運輸・倉庫)
・仕事中のおやつがせんべいとほうじ茶(女性/25歳/団体・公益法人・官公庁)
・常に焼酎を飲む(男性/27歳/その他)
・ユンケルを飲んでいたこと。ユンケルはたしかに疲れが取れるけど、まだ若いんだから、チョコラBBとかオロナミンCとか、まだ段階があるだろうと(女性/34歳/不動産)

職場で緑茶。ほのぼのした光景で癒されますが、先輩からすると物足りないのでしょうか。

■達観している
・給料やボーナスの使い道を聞いたら、みんな貯金という答えが帰ってきたとき(男性/30歳/学校・教育関連)
・管理職になると残業代が出ないらしいから、主任止まりでいいと言っている人がいた(男性/29歳/機械・精密機器)
・何事も悟っていてささっと帰ろうとする(女性/29歳/医療・福祉)

さっさと帰っていく新人の背中を見送るのは、どこか寂しいものです。

■若さはどこへいったのか?
・ネットで知りすぎて新しいことに驚かない(男性/43歳/ソフトウェア)
・なんでも調べてから行動するところ(男性/37歳/印刷・紙パルプ)
・夢が特にないと言われたとき(女性/24歳/食品・飲料)
・将来のことをやたら心配して生きることに慎重すぎること(女性/28歳/その他)

息苦しい今の時代、石橋は叩けるだけ叩いてから渡りたいということでしょうか。

仲間うちでは弾けているのかもしれませんが、職場ではどことなく覇気がなく、すでに年季が入っている新人たち。やんちゃすぎるのも困りますが、オールで飲みあかし、体に悪いジャンクフードを飲み食いする、そんな新人たちの武勇伝を時には聞いてみたいという先輩たちの願望もすけてみえました。あなたのまわりには全く若さを感じない新人はいますか?

文 サクマ香奈

調査期間:2015年5月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:社会人372件(ウェブログイン式)

マイナビスチューデント

緑茶をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ