ホタル見ながらディナー 椿山荘で「蛍会席」も

5月22日(火)14時37分 J-CASTニュース

夏の風物詩を都心で

写真を拡大

   藤田観光が運営する結婚式場「椿山荘」は、イベント「ほたるの夕べ」を2012月7月16日まで開催している。



「フォアグラ」とホタルを楽しむ



   同式場の庭園内に生息するホタルを鑑賞できるほか、ホタルにちなんだディナービュッフェや各レストランのオリジナルメニューを楽しめるイベント。


   庭園では2000年から庭園内の水質・水量などを改善し、ホタルが自生・生息できる環境作りに取り組んでおり、敷地内で飼育した幼虫を毎年2月に地元小学生と放流している。2012年は、5月18日に初飛翔が確認され、5月中旬〜6月はゲンジボタル、6月後半よりヘイケボタルを楽しむことができる。


   今回、約70種類の料理やデザートを用意したディナービュッフェ(大人8800円〜、小学生4200円〜、幼児2100円〜)を用意。炎を使ったシェフのパフォーマンスがある「世界三大珍味『フォアグラ』のミニステーキ丼」や、「飲むサラダ〜5種のヘルシー野菜ジュース〜」など女性グループやファミリーにもおすすめのメニューをそろえた。また「料亭 錦水」では、ホタルが舞う様子をイメージした「蛍会席」(2万1000円)が提供されている。


   さらに期間中は室内ビオトープも設置し、天候に関わりなく間近でホタルの光が楽しめる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

椿山荘をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ