これは果たして「麺」なのか…? 「一風堂」のスカイツリー限定「もんじゃ麺」

5月22日(火)15時23分 J-CASTニュース

見た目はちらし寿司?

写真を拡大

   一風堂を展開する力の源カンパニーは、東京スカイツリー(東京ソラマチ)に出店する新ブランド「IPPUDO NOODLE EXPRESS」で、限定オリジナル・メニュー「東京スカイもんじゃ麺」を提供する。



混ぜて、混ぜて、混ぜて

   2012年5月22日開業のスカイツリーに併設された東京ソラマチに東京1号店を出すことにちなみ、16日に発表した。


   見た目はちらし寿司のような賑やかさで、魚介類と野菜、チャーシューが丼を鮮やかに彩る和えソバだが、具材の一番底には白ごまをまぶした俵型のおむすびが横たわり、その上に一風堂自慢の豚骨スープをしっかりと絡めた麺がのる。


   気になる味について、同社は「もんじゃ焼きを思わせるどこか懐かしい庶民的な味でありながら、かつ洗練されたラインを失わないのが一風堂の真骨頂」といい、食べ方のコツとして「思いっきり混ぜて、混ぜて、混ぜて、がっつりと召し上がってください!」とすすめている。


   価格は1230円。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

一風堂をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ