「SUVらしさ」感じさせる装備 スバル「レガシィ アウトバック」特別仕様車

5月22日(水)19時39分 J-CASTニュース

専用色「ディープチェリー・パール」

写真を拡大

   富士重工業は2013年6月3日、スバル「レガシィ アウトバック」の特別仕様車「2.5i EyeSight EX Edition」を発売する。メーカー希望小売価格は、315万円。



容量70L「サブトランク」も

   エクステリアは、デザイン性と機能性を重視した専用大型ルーフレールや、ワイドで張り出し感のあるサイドシルクラッディングといった「SUVらしさ」を感じさせる装備を設定した。専用色「ディープチェリー・パール」を取り入れたほか、専用フロントグリルやサテンメッキドアミラー、ハイラスター塗装のアルミホイールなど、上質感を織り込んだ。


   インテリアではブラウンレザーシートや、つや消しダーク木目調加飾パネルなど、深みのあるダークブラウンで統一し、落ち着いた上質な雰囲気を演出。フロントとリヤには、それぞれ充電可能なUSB電源を備える。またカーゴルーム(荷室)には水洗い可能なデュラブルフロアや、容量約70リットルのマルチパーパスサブトランクを装備した。


   エンジンは、2.5リッター水平対向4気筒DOHC。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「SUV」をもっと詳しく

「SUV」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ