BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「航空機構造部材の世界市場:部位別、マテリアル別2022年予測」最新調査リリース

ドリームニュース5月23日(火)11時0分
画像:「航空機構造部材の世界市場:部位別、マテリアル別2022年予測」最新調査リリース
【レポート紹介】
航空機構造部材の世界市場規模は今後2022年には759億ドル市場に達すると予測されます。2016年段階の同市場規模は521億ドルと推計され、2022年にかけて平均年成長率6.47%で推移するとレポートでは分析しています。航空機OEMによる構造部材の外注化、民間機への複合材の導入拡大などは同市場の支持要因と見ることができるでしょう。
当レポートでは、2022年に至る航空機構造部材市場の世界市場予測(市場規模US$)、部位別市場(胴体、尾翼、フライトコントロールサーフェス、翼、機首、ナセル/パイロン)、マテリアル別市場(複合材料、合金/超合金、金属)、エンドユース別市場(OEM、アフターマーケット)、機種別市場(固定翼航空機各種、回転翼航空機各種)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、航空機構造部材市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
航空機構造部材の世界市場:部位別、マテリアル別2022年予測
Aerostructures Market by Component (Fuselage, Empennage, Flight Control Surfaces, Wings, Nose, Nacelle & Pylon), Material (Composite, Alloys, Metals), End-Use (OEM, Aftermarket), Platform (Fixed & Rotary Wing), and Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Aerostructure_2022_MAM549.html

【レポート構成概要】
◆ 航空機構造部材の世界市場予測2014-2022年
・市場規模(US$)

◆ 部位別、市場-2022年
・胴体
・尾翼
・フライトコントロールサーフェス
・翼
・機首
・ナセル、パイロン
※(市場規模US$)

◆ マテリアル別、市場-2022年
・複合材料
・合金、超合金
・金属(metals)
※(市場規模US$)

◆ エンドユース別、市場-2022年
・OEM
・アフターマーケット
※(市場規模US$)

◆ 機種別、市場-2022年
固定翼航空機
・商用
・軍用
・一般航空
・無人航空機(UAV)
回転翼航空機
・商用
・軍用
・無人航空機(UAV)
※(市場規模US$)


◆主要国地域別市場-2022年
北米
・米国、カナダ
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・イタリア、ロシア
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、オーストラリア
・その他アジア太平洋
その他地域
・ブラジル、UAE、南アフリカ
※ 地域別に全てのセグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別にコンポーネント、マテリアル、プラットフォーム別の細分化データ掲載
※(市場規模US$)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・競合状況

◆ 航空機構造部材の主要企業プロフィール動向
・SPIRIT AEROSYSTEMS, INC.
・AAR CORP.
・RUAG HOLDING AG
・UTC AEROSPACE SYSTEMS
・BOMBARDIER INC.
・LEONARDO S.P.A.
・SAAB AB
・CYIENT LTD.
・TRIUMPH GROUP, INC.
・GKN AEROSPACE
・ELBIT SYSTEMS LTD.
・STELIA AEROSPACE GROUP

(全179頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Aerostructure_2022_MAM549.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年5月19日

★関連レポート
「航空機内装品(Cabin Interior)の世界市場:製品タイプ別、搭載段階別2021年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/2/Aircraft_Cabin_Interior_Market_2021_MAM263.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
航空機のまとめ写真 調査のまとめ・写真 成長率のまとめ写真

「航空機」をもっと詳しく

注目ニュース
携帯2年契約料金で是正要請へ 総務省、乗り換え活発化狙い 共同通信4月20日(金)18時8分
総務省は20日、携帯電話の利用者が2年契約の満了時に他社へ乗り換えようとする際、違約金を支払うか25カ月目の月額料金を支払うしかない現状を…[ 記事全文 ]
専門家が直言「TOEICが日本を滅ぼす」 プレジデント社4月20日(金)9時15分
英語能力のテストとして、学校教育でもビジネスでも重要視されるTOEIC。しかし長年、企業の語学研修に携わってきた猪浦道夫氏は「TOEICは…[ 記事全文 ]
タカタ製エアバッグの理不尽な余波、車検パニックは誰の責任か ダイヤモンドオンライン4月20日(金)6時0分
当分、車に乗ることができない?タカタ製エアバッグの意外な余波タカタ製エアバッグ不祥事の意外な余波が、今ごろ起きることになった。国土交通省は…[ 記事全文 ]
財務次官にセクハラを許すマスコミの事情 プレジデント社4月20日(金)15時15分
週刊新潮で女性記者にセクハラ発言を繰り返したと報じられた財務省の福田淳一事務次官が辞任した。この問題ではセクハラを受けていた女性記者が、勤…[ 記事全文 ]
財務省が福田氏を再聴取へ、テレ朝の抗議受けて 読売新聞4月20日(金)20時1分
財務省は20日、辞任を表明した福田淳一次官のセクハラ疑惑で、福田氏から再び聞き取り調査を行う方針を明らかにした。テレビ朝日が、同社の女性記者が被害を受けていたとして財務省に抗議したことを受け、セクハラを否定している福田氏から、再び事情を聴取する必要があると判断した。財務省は、テレビ朝日にも聞き取り調…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア