BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

「航空機構造部材の世界市場:部位別、マテリアル別2022年予測」最新調査リリース

ドリームニュース5月23日(火)11時0分
画像:「航空機構造部材の世界市場:部位別、マテリアル別2022年予測」最新調査リリース
【レポート紹介】
航空機構造部材の世界市場規模は今後2022年には759億ドル市場に達すると予測されます。2016年段階の同市場規模は521億ドルと推計され、2022年にかけて平均年成長率6.47%で推移するとレポートでは分析しています。航空機OEMによる構造部材の外注化、民間機への複合材の導入拡大などは同市場の支持要因と見ることができるでしょう。
当レポートでは、2022年に至る航空機構造部材市場の世界市場予測(市場規模US$)、部位別市場(胴体、尾翼、フライトコントロールサーフェス、翼、機首、ナセル/パイロン)、マテリアル別市場(複合材料、合金/超合金、金属)、エンドユース別市場(OEM、アフターマーケット)、機種別市場(固定翼航空機各種、回転翼航空機各種)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業12社プロフィール動向などの情報も交えて、航空機構造部材市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
航空機構造部材の世界市場:部位別、マテリアル別2022年予測
Aerostructures Market by Component (Fuselage, Empennage, Flight Control Surfaces, Wings, Nose, Nacelle & Pylon), Material (Composite, Alloys, Metals), End-Use (OEM, Aftermarket), Platform (Fixed & Rotary Wing), and Region - Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Aerostructure_2022_MAM549.html

【レポート構成概要】
◆ 航空機構造部材の世界市場予測2014-2022年
・市場規模(US$)

◆ 部位別、市場-2022年
・胴体
・尾翼
・フライトコントロールサーフェス
・翼
・機首
・ナセル、パイロン
※(市場規模US$)

◆ マテリアル別、市場-2022年
・複合材料
・合金、超合金
・金属(metals)
※(市場規模US$)

◆ エンドユース別、市場-2022年
・OEM
・アフターマーケット
※(市場規模US$)

◆ 機種別、市場-2022年
固定翼航空機
・商用
・軍用
・一般航空
・無人航空機(UAV)
回転翼航空機
・商用
・軍用
・無人航空機(UAV)
※(市場規模US$)


◆主要国地域別市場-2022年
北米
・米国、カナダ
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・イタリア、ロシア
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド、オーストラリア
・その他アジア太平洋
その他地域
・ブラジル、UAE、南アフリカ
※ 地域別に全てのセグメントの細分化データ掲載、詳細は目次参照
※国別にコンポーネント、マテリアル、プラットフォーム別の細分化データ掲載
※(市場規模US$)

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・業界構造分析(ファイブフォース分析)
・競合状況

◆ 航空機構造部材の主要企業プロフィール動向
・SPIRIT AEROSYSTEMS, INC.
・AAR CORP.
・RUAG HOLDING AG
・UTC AEROSPACE SYSTEMS
・BOMBARDIER INC.
・LEONARDO S.P.A.
・SAAB AB
・CYIENT LTD.
・TRIUMPH GROUP, INC.
・GKN AEROSPACE
・ELBIT SYSTEMS LTD.
・STELIA AEROSPACE GROUP

(全179頁)


【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/5/Aerostructure_2022_MAM549.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年5月19日

★関連レポート
「航空機内装品(Cabin Interior)の世界市場:製品タイプ別、搭載段階別2021年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/2/Aircraft_Cabin_Interior_Market_2021_MAM263.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

はてなブックマークに保存

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

関連ワード
航空機のまとめ写真 調査のまとめ・写真 成長率のまとめ写真

「航空機」をもっと詳しく

注目ニュース
地震で家電破損、シャープが買い替えを半額支援 読売新聞6月23日(土)22時26分
シャープは23日、大阪北部を震源とする地震で破損した同社製品について、買い替え時の購入代金の半額を支援する取り組みを始めた。液晶テレビ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、エアコンの5製品で、大阪市や高槻市など災害救助法の適用を受けた13市町が対象地域となる。7月1日まで受け付ける。1製品につき1世帯1台ま…[ 記事全文 ]
ハウスメーカーと工務店はどう違う? 選び方のポイントを解説 オリコン6月23日(土)11時0分
家を建てる時に、ハウスメーカーと工務店のどちらに依頼をするか悩む人も少なくないだろう。いずれも設計プランを立てて家を作る会社ではあるが、違…[ 記事全文 ]
マツダ「ロードスター」 社内でも期待されずに生まれた過去 NEWSポストセブン6月23日(土)7時0分
6月上旬、マツダの2人乗りスポーツカーである「ロードスター」が改良され、歩行者などとの衝突被害を軽減する自動ブレーキが標準装備となった。実…[ 記事全文 ]
孫正義が堀江貴文ほど叩かれない理由は ○○ネタが上手いから ダイヤモンドオンライン6月23日(土)6時0分
孫正義氏と堀江貴文氏は2人とも既存秩序の破壊者というイメージ、かつ言動が注目を集める存在で、敵を作りがちなキャラです。しかし、その言動が世…[ 記事全文 ]
「やる気」が起きないときの意外な対処法 ダイヤモンドオンライン6月22日(金)6時0分
「明日やろう」「新年度から始めよう」「締切が近づいたら手をつけよう」……私たちが、普段の生活や仕事の中でついやってしまうのが「先延ばし」だ…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア