「キスでがっかり」理由はうぶ毛? 意外と厳しい男性の視線

5月23日(水)11時58分 J-CASTニュース

顔のうぶ毛が気になる距離は?

写真を拡大

   貝印(東京・千代田区)は女性用音波振動カミソリ「bi-hada ompa(ビハダオンパ)」の発売にちなんで、「うぶ毛に関する意識調査」の結果を2012年5月17日に発表した。



男性6割「女性はうぶ毛の処理をしたほうが好ましい」

   調査によると、女性と男性で「うぶ毛」に対する認識の違いが出た。


   「近くで見ないとわからない」と思われがちなうぶ毛だが、実は見て気になりはじめる距離は80センチからで、男性にはなんと1メートル以上離れていても気になるとする人もいる。


   このように、意外と目立つ「顔のうぶ毛」だが、「処理をしている」と回答した女性は7割程度で、場所は鼻の下や眉など気になるポイントのみにとどまる人が多い。


   一方で、男性は6割以上が「女性はうぶ毛の処理をしたほうが好ましい」と思っており、「女性のうぶ毛が気になったシーン」については、過半数が「『キス』をする時」をあげていることがわかった。たとえ親密な関係であっても、処理されていない女性の「うぶ毛」に気づき、幻滅している男性もいるかもしれない。


   5月23日は「キスの日」。うぶ毛やキスに関する今回の調査結果を受け、うぶ毛処理を見直す女性も出てきそうだ。


   調査対象は、首都圏の20代から40代までの女性643名、男性639名で、調査期間は2012年4月2日から4月5日。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

調査をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ