新食感フローズンフルーツ『HenoHeno』、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の社員の健康をテーマにした空間「ひまわりラウンジ〜サンテリエ〜」で5/16サービス導入開始!

5月23日(木)12時40分 PR TIMES

特殊冷凍技術でフードロス解決と健康増進!

特殊冷凍事業を展開するデイブレイク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:木下昌之、以下当社)は、当社が製造・販売する新食感フローズンフルーツ『HenoHeno』のオフィス向けサービスが、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社(本社:東京都新宿区、社長:大場康弘、以下 ひまわり生命)の社員の生産性向上と健康増進を目的としたスペース「ひまわりラウンジ〜サンテリエ〜」において、SDGsおよび健康経営推進の目的で、5/16(木)より導入されたことをお知らせします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-228328-8.png ]



[画像2: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-525317-1.jpg ]

『HenoHeno』は、「フードロスを美味しく解決する」をコンセプトに、不揃いの形状や流通過程での品質劣化など、まだまだ美味しく食べられる状態でありながらこれまで破棄されていた果物を、当社の特殊冷凍技術で新食感に作り変えたプロダクトです。素材は全て純国産・無添加のフードロスの高級果実を使用しており、特殊冷凍の製造プロセスが生み出した、凍っていながらサクッと楽しめる新食感や、フレッシュな風味や甘味などが特長。販売企画第一弾のオフィス向け提供サービスを3/18から開始し、販売企画第二弾として、5/7から都内を中心としたナチュラルローソン一部店舗での販売をスタートしました。

ひまわり生命保険の「ひまわりラウンジ〜サンテリエ〜」は、社員の健康増進と生産性向上を目的とし、今年3/25にオフィス内にオープンしたオフィス内スペースです。お客さまに一生涯寄り添う「健康応援企業」への変革を実現するため、まずは社員自らの健康が大切という考えから、本施設を開設。健康的なバランスの良い食事の提供や快適性を追求した仮眠スペース、体幹強化など運動促進に繋がるオフィス機器の導入など、社員の健康と生産性を応援する空間となっています。ひまわり生命は、『HenoHeno』が健康や生産性向上およびフードロスの解消に貢献する点に着目し、「ひまわりラウンジ〜サンテリエ〜」において、SDGsの理解促進、具体的行動につながる取組みの一環として、導入を決定しました。

『HenoHeno』オフィス向けサービスは、特殊冷凍技術によって鮮度や栄養をそのままに長期保存を実現しており、日本人に不足しがちなビタミン(※)をはじめ、新鮮な果物に含まれる豊富な栄養を仕事の合間に手軽に美味しく補うことができます。さらに、集中力低下時のリフレッシュ効果や、仲間と共に楽しむことでコミュニケーションの活性化につながります。

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険 担当者コメント
当社は、5/20から5/24を健康応援週間として、階段利用やスニーカー通勤など、社員の健康的な行動を促進しています。また、当社の目指す姿である健康応援企業らしく、社員がSDGsを理解し行動できることが大切だと考え、それらを実現するために『HenoHeno』を導入しました。明るく健康的な空間「ひまわりラウンジ〜サンテリエ〜」において、『HenoHeno』を通じて楽しくコミュニケーションしながら、社員自ら健康になり、持続可能な社会に貢献していきたいと考えています。
[画像3: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-684485-2.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-769400-3.jpg ]

『HenoHeno』では、引き続きこれらのフードロス削減に貢献するとともに、果物を食べる機会を提供することによる食生活の改善や、オフィスワークの生産性の向上をサポートしてまいります。

(※)日本人の食事摂取基準2015年版(厚生労働省)、国民健康・栄養調査(平成24年、厚生労働省)によると、日本人は11種の栄養素が不足しており、中でも果物に多く含まれるビタミンが特に不足しています。
[画像5: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-380602-4.png ]

●損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険「ひまわりラウンジ〜サンテリエ〜」について
「健康応援企業」の実現加速を目的に、2019年3月25日に開設された社員の生産性向上と健康増進のためのスペース。「サンテリエ」とは、フランス語で「健康」を意味する「santè(サンテ)」、「結ぶ」を意味する「lier(リエ)」を繋げ、「健康と繋がる場所、人と人が繋がる場所」というメッセージを込められています。

<「ひまわりラウンジ〜サンテリエ〜」が実現すること>
[画像6: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-134827-5.jpg ]

・バランスの良い昼食メニューなど、健康的な食事の提供
・緑化やソファの設置など、休養スペースの多様化および快適性向上
・体幹強化や簡易ストレッチ、正しい座り方を実践できる家具の設置や掲示
・仮眠しやすいスペースを設置することによる仮眠の促進
・大型モニター設置やスペースのオープン化による会議、作業の効率化
・健康や働き方に関する情報を提供
・交流の場の提供をはじめとするコミュニケーションの活性化
・健康に関する悩みや質問に保健師が対応する健康相談
・障がいのある人とともにいきいきと働くダイバーシティの実現


●『HenoHeno』について
・特殊冷凍が作り出す新食感
当社の冷凍ノウハウを凝縮させた特殊冷凍技術だから生み出せる、これまでにない新食感。素早い凍結スピードが作り出す細かい結晶が、サクサク噛みしめる味わいを実現します。
[画像7: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-793160-6.jpg ]


・風味や甘味はフレッシュ果物そのもの
特殊冷凍技術によって冷凍前のフレッシュな風味や甘味、香りをそのままに保ち、口に入れるその瞬間に広がります。風味や甘味、香りや色を維持することが難しいことから果物の長期保存は困難とされていますが、『HenoHeno』は保存料などの添加物を一切使用せず、凍結のみで品質を維持し、長期保存を可能にしています。

・純国産の高級果実のフードロスを使用
[画像8: https://prtimes.jp/i/42920/3/resize/d42920-3-288764-7.jpg ]

使用する果物は、全てこだわりを持って作られた純国産・高級果物のフードロス。市場や生産者と提携し、豊富なラインナップで提供しています。デパートや高級スーパーなどでしか手に入らない高級果実を、『HenoHeno』なら手軽に食べることができます。

<『HenoHeno』オフィス向けサービスHP>
https://henoheno.jp/
<『HenoHeno』問い合わせページ>
https://form.run/@henoheno/

●デイブレイク株式会社について
「特殊冷凍テクノロジーでフードロスを解決する」をミッションとして掲げ、特殊急速冷凍事業に特化した国内唯一の専門会社として2013年創業。食品業者への特殊冷凍テクノロジー導入支援事業や、冷凍した食品を消費者に届ける食品流通事業を展開。2018年秋には、自社の特殊冷凍テクロノジーを踏襲したフードロスを減らすフローズンフルーツ事業を開始し、翌年3月に初の自社製品「HenoHeno」を商品化、オフィス向け提供サービスを開始しました。デイブレイクは、これらも特殊急速冷凍のパイオニアとして、フードロスの削減をはじめとする食品流通のあらゆる課題を解決する事業を展開・推進してまいります。
<企業HP>https://www.d-break.co.jp/

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている内容は、発表日現在のものです。その後変更されることがあります。

PR TIMES

「ひまわり」をもっと詳しく

「ひまわり」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ