都市での「脱・クルマ依存」が世界で加速、自動車産業は曲がり角

5月24日(木)6時0分 ダイヤモンドオンライン

ITSアジアパシフィックフォーラムで展示された、コネクテッドカーに関するレクサスの展示 Photo by Kenji Momota

写真を拡大


 車の数を減らして都市構造を変革することで、社会を大きく変えること。


 それが、「Less Car (レスカー)」という概念だ。


 この「レスカー」を推進する動きが世界各地で始まっている。


 ITSアジアパシフィックフォーラム (2018年5月8日〜10日:福岡国際会議場)でも、「レスカー」に関する発表が数多くあった。


 同フォーラム開催期間中の3日間、各種講演を聴講し、技術展示会やパーティなどで自動車メーカー、自動車部品メーカー、電子機器メーカー、道路事業者、バス事業者、大学関係者、そして各国の政府関係者らと意見交換する中で、「レスカー」が及ぼす大きな影響について再認識した。


 日本でレスカーは、自動車産業の発展を阻害する恐れがあり、導入にはかなり高いハードルがある。





続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)

ダイヤモンドオンライン

「都市」をもっと詳しく

「都市」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ