外食業界も注目 この夏、酢飯がブレークの予感!? 

5月24日(火)10時55分 J-CASTニュース

「すし遊禅 ゆう彩華」のドライカレー(850円)

写真を拡大

   外食店の酢飯のバラエティー化が注目されている。




   「すし遊禅 ゆう彩華」(埼玉・越谷市)の池田裕亮代表に酢飯メニューの状況を聞くと、同店では、ランチメニューで酢飯の上に卵とネギトロのそぼろカレーをかけた「ドライカレー」(850円)と、ハワイで人気のロコモコをゆう彩華風にアレンジした「すしロコモコ」(850円)を提供しており、前者はカレーのスパイシーさと酢飯のまろやかさの相性のよさにリピーターが続出。後者も、酢飯とまぐろのハンバークの組み合わせがさっぱりしていて、女性に大人気だという。


   夜のメニューでは、「寿司(すし)ドリア」(700円)や「寿司焼きビビンバ」を提供しており、こちらの評判もいいそうだ。


   池田代表は、酢飯と他のメニューを合わせるおいしさの秘密について、


「お酢の酸味は味のバランスを整えてくれるので、色んなメニューに合います。これまで酢飯メニューは50個以上作成。意外な組み合わせも多いのですが、どれもさっぱりとおいしく、癖になるメニューばかりです」と話している。

   また、寿司店では昔から当然のように酢飯を用いたメニューを「まかない飯」として食べているという。事情を説明するのは、「日本橋 都寿司」の経営者で、全国すし商生活衛生同業組合連合会・山縣正会長だ。


「まかない飯として酢飯を使った、チャーハンやいなり寿司、カレーなどは良く食べます。特にチャーハンは、ご家庭でも、酢飯と冷蔵庫にある食材などで簡単につくることができると思います。お酢は食べ物を痛みにくくする効果があるので、これからの季節は最適。さっぱりと食が進みます」

確かに、この夏、酢飯ブレークの予感はありそうだ。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

この記事が気に入ったらいいね!しよう

外食業界をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ