ベトナム国立交響楽団、初の日本ツアー 日越40周年を記念

5月24日(金)11時6分 J-CASTニュース

(C)KOJIMA Ryusei

写真を拡大

   日本とベトナムの外交樹立40周年にあたる2013年、ベトナム国立交響楽団は2013年9月21日から全国7か所で初の日本ツアーを行う。



指揮者は本名徹次さん




   ベトナム国立交響楽団は1959年に創立され、ベトナム戦争の苦難を乗り越えた1984年に、ハノイのオペラ座を拠点に活動を始めた。


   2009年には福島県出身の本名徹次さんを音楽監督・主席指揮者に指名し、年間60回のコンサートを行っている。


   2011年には初のアメリカツアーを行い「平和と友好のための音楽」をカーネギー・ホール、ボストン・シンフォニー・ホールで演奏。


   今回の日本ツアーでは2013年9月21日の横浜みなとみらいホールを皮切りに大阪や名古屋、奈良等7か所で行われる。


   プログラムはAからEまで計5種類あり、日によって演奏されるプログラムは異なる。


   例えば、9月29日に一橋大学の兼松講堂で演奏されるのは、日越外交樹立40周年を記念してゴ・ホァン・クァン編の「入寺」とバレエ音楽『蜘蛛の糸』、そしてベートーヴェンの交響曲第5番によるプログラムDだ。


   チケットはイープラスなどで5月25日から順次発売される。


   詳細はホームページと、「ベトナム国立交響楽団 一橋大学公演」オフィシャルサイトで確認できる。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

ベトナムをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ