【フードロス削減】飲食店向けの野菜を“ミールキット”で一般家庭の食卓へ! Kit Oisix「江戸菜とキヌアのグリーンシーザーサラダ」5月27日(木)発売

5月24日(月)16時16分 PR TIMES

希少野菜「江戸菜(えどな)」を家庭でも調理しやすいようにレシピ付きで提供

安心安全な農産品や加工食品、ミールキットなどの食品宅配を展開するオイシックス・ラ・大地株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高島 宏平)が運営する「Oisix」は、飲食店の休業や時短営業等の影響で、品質が高いにもかかわらず廃棄せざるを得なくなってしまっている野菜「江戸菜(えどな)」を使用したミールキットを5月27日(木)より販売いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/8895/515/resize/d8895-515-100079-0.jpg ]

飲食店で提供されるはずだった“変わり種“の野菜を、調理方法とレシピ付きで一般家庭で調理しやすく
 本年4月25日より発令されている緊急事態宣言、まん延防止等重点措置を受け、飲食店が休業・時短営業を余儀なくされています。その影響により、提供されるはずだった多くの食材が余剰となっています。いわば料理のプロが指名買いする野菜の一部には、規格が一般的な野菜と異なっていたり、見た目が変わっているものも存在します。そういった野菜は一般市場を介して流通しづらいため廃棄するしかありませんでした。
 Oisixでは、多くの飲食店で提供されていた「江戸菜」が余剰となっていることから、ミールキット商品「Kit Oisix」の食材として引き取り、レシピとともにお届けすることで、一般家庭でも調理しやすい形で提供いたします。

[画像2: https://prtimes.jp/i/8895/515/resize/d8895-515-871406-1.jpg ]

年間2,000店舗以上(※)の飲食店に出荷されてきた野菜「江戸菜」とは


 千葉県八街市近郊で栽培され、小松菜の一種を専用の肥料と独自の栽培方法で作ることで、約40cmと小松菜より大きく育ちます。茎が太く、みずみずしくシャキシャキとした食感です。茎や葉には青菜特有の苦み・渋みが少ないのが特長です 。昨年の緊急事態宣言発令前には年間で2,000店舗以上の飲食店で提供されていました。(※2019年1月〜12月)

生産者の農業生産法人 旦千花(たちばな)大槻さん
 飲食店への売り上げが約8割を占めていましたが(※)、休業や時短営業によって大きな影響を受けています。
 独自の肥料や栽培方法にこだわり抜き、手間暇かけて大切に育てた野菜を廃棄しなくてはならないのは本当に心苦しい思いでした。自信をもって作った「江戸菜」をぜひ家庭で美味しく召し上がっていただきたいです。(※2019年1月〜12月)
[画像3: https://prtimes.jp/i/8895/515/resize/d8895-515-691817-2.jpg ]

<商品概要>
・商品名: 江戸菜とキヌアのグリーンシーザーサラダ
・販売期間: 2021年5月27日(木)午前10:00〜6月3日(木)午前9:59
・価格: 2人前 853円(税込)
・商品URL:https://www.oisix.com/sc/kitoisix_category

参考)その他の食品ロス削減のための当社の取り組み例

<サブスクモデルでロスが発生しにくい>
 会員制の定期宅配というビジネスモデルを活かし、販売量の計画に基づき、畑に種を植える作付けの段階から生産者と契約し、ロスを少なくしています。

<家庭での食材廃棄も減らす「Kit Oisix」>
 Oisixのミールキット「Kit Oisix」は調理に必要な材料が必要な分量だけ入っているので、食材を余らせて、腐らせることもありません。Kit Oisixを利用すると廃棄量を1/3に削減できます。(※1)また、食費が年間2.8万円以上の節約になります。(※2)
(※1 1食あたり ※2 1日1食Kit Oisixを利用した場合)
上記の調査概要は、調査時期:2019年6月24日〜30日 調査対象:58人(Kit Oisix利用者)「自宅で調理するために用意した食材や、使い残しなどの一食当たりの廃棄量をお知らせください」に、Kit Oisix利用していない時は平均廃棄量119g、Kit Oisix利用している時は平均廃棄量42gと回答。また、食材150gあたり150円で計算しています。

<子ども食堂への寄付>
 当社は全国に7カ所の物流拠点をもち、物流拠点での検品時に発生する食材の一部を各拠点の近隣の子ども食堂に向け提供し、食品ロス削減にも寄与しています。


[画像4: https://prtimes.jp/i/8895/515/resize/d8895-515-757016-3.jpg ]

食品宅配サービス「Oisix」について
 2000年に設立。「つくった人が自分の子どもに食べさせられる食材のみを食卓へ」をコンセプトとした、有機野菜や特別栽培野菜、合成保存料・合成着色料を使わない加工食品などの生鮮食品を取り扱うEC食品宅配サービスです。
 現在、会員数は308,899人(2021年3月末時点)で日本全国の方にご利用いただいています。2013年7月に販売を開始した、必要量の食材とレシピがセットになり主菜と副菜の2品が20分で完成するミールキット『Kit Oisix』は、シリーズ累計出荷数が8,000万食(2021年4月時点)を突破しています。

オイシックス・ラ・大地株式会社について
 オイシックス・ラ・大地株式会社(代表:高島宏平)は、有機・特別栽培野菜、添加物を極力使わない加工食品など安心・安全に配慮した食品の宅配サービスを「Oisix」「らでぃっしゅぼーや」「大地を守る会」の3ブランドで展開しています。当社は「これからの食卓、これからの畑」を理念に掲げ、食に関する社会課題をビジネスの手法で解決する事業を推進しています。

PR TIMES

「野菜」をもっと詳しく

「野菜」のニュース

「野菜」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ