1年ぶりに表紙を飾る、石原さとみが「愛されること」「日々の“小さな幸せ”」を満面の笑顔で語る。初登場のSexy Zone、YUTA(NCT 127)、2号連続の佐藤健のスペシャルインタビューも

5月24日(月)11時46分 PR TIMES

5月24日(月)全国発売のGINGER2021年7月号には、ベリーショートが話題になっている石原さとみが、カット前の“最後のロングヘア”で登場。仕事はもちろんプライベートの充実もこぼれる笑顔に表れている彼女が、日々の小さな幸せの拾い上げ方や“愛されること”“本当の幸せ”について語り尽くしました。デビュー10周年を迎えるSexy Zone、日本人で-POPアーティストとして活躍するYUTA(NCT 127)がGINGERに初登場。さらに前号に続き、佐藤健のスペシャルインタビュー後半も掲載。

[画像: https://prtimes.jp/i/7254/602/resize/d7254-602-830853-0.jpg ]


「幸せを拾い上げる」のが上手な石原さとみの“幸福論”とは
「10代や20代よりも30代の今の自分が好き」と、取材中も始終笑顔が絶えなかった石原さとみ。飾らず、気取らず、よく笑い、周りを明るく照らすその笑顔は、悩み迷った過去を経て、経験と時間を重ねて手に入れたもの。“幸せ下手”だったという彼女が、自分で自分を幸せにする大切さを学び、手にした今の幸せ。新たに加わった日課の“散歩”で、今まで気付かなかったものに目を向けて新しい楽しみを見い出し、幸せへ繋げているそう。そして、最近周囲から「笑顔や雰囲気がすごく柔らかくなったね」と言われ、自らが気付いた「私、愛されているからだ」…の理由とは? 読む人の幸せ思考も開花させるエピソードは必読です。

“楽しい”を味方につければ、物事はいい方向へ向かう!
環境が激変し、うつむきがちな日もありつつ、それでも頑張らなきゃ…という気持ちの浮き沈みに、世の中の皆が少々疲れ気味。でも、“楽しい”を味方につければ、物事はいい方向へと向かうはず! たくさんのことに積極的にときめき、テンションアップの達人になれば、幸せを引き寄せることができる。それを実践している人、気分が上がるモノとコトを特集。「やらない後悔」より「やってしまった後悔」を選びたい。これからもそんな気持ちを大切にしたい…と、単身、K-POPの世界へ飛び込み、パイオニアになっているYUTA(NCT 127)。一度きりの人生を自分らしく生きると決めた25歳の心に迫ります。先日、自らのランジェリーブランドを立ち上げた長谷川京子。なぜ今、動き出したのか。そして“ものづくり”へのこだわりを語り、ランジェリーのパワーを自らがモデルとなって披露。結婚後、“ご機嫌”が止まらない河北麻友子、飾らない人柄が注目されている道重さゆみは、元気スイッチが入るモーニングルーティンを公開。「今まさに、私の人生のテーマが“楽しむ”なんです」と言い切る、28歳の剛力彩芽の心の内側も必読です。香里奈、山田優、川口春奈、松井愛莉、田中みな実といったGINGERレギュラー陣をはじめ、河合郁人(A.B.C-Z)、内田理央が、聞けば元気になる、Myプレイリストを教えてくれました。

■Highテンションジュエリー
■人気スタイリストの脳内(ハート)トキメキ徹底解剖!
■美女たちのHAPPYモーニングルーティン
■女を解放するランジェリー
■聞けば元気なプレイリストを教えて!
■ご機嫌な自分のつくり方
■気分が上がるご機嫌スイーツ
■テンション上げの推し活を極める!

今年10周年を迎え、グループとしてだけでなく個人の活動の幅を広げるSexy ZoneがついにGINGER初登場。簡単には語りきれない彼らの歴史、自分たちが思うグループの魅力、そして忘れられないターニングポイントなど、8ページにわたりクールなビジュアルと深掘りインタビューで展開。

ついにファイナルを迎えた『るろうに剣心』シリーズ、『るろうに剣心 最終章The Beginning』公開を前に、佐藤健が22歳で出会った緋村剣心への想い、10年に及ぶ道のりを振り返り、今の気持ちと伝説の軌跡について吐露。そして剣心に関わるふたりの男、大友啓史監督、谷垣健治アクション監督の特別取材も加わり、人々が佐藤健になぜもこんなに惹かれるのか…をひも解きます。

そのほかレギュラーモデル、著名人の本誌だけ見られる、語られる連載も充実。田中みな実のエッセイ「ここだけ話2021」では、タイトルが“マネージャー”。彼女にとって唯一の連載エッセイだからこそ語られる、仕事に対する姿勢が真摯に綴られ、“ちいちゃく反論”しています。“遊びゴコロ”を全開にしたレイヤードを楽しむ桐谷美玲の「EMOTIONAL」。川口春奈の「東京23区ストーリー」は、23区で最も広い大田区でJALの工場見学、そしてあのCMの舞台になった銭湯を訪れています。気の置けないスタッフと都心でBBQを楽しんだ岡田健史「やってみた。」。自然に癒やされ、「青空もごちそう!」、と笑顔の時間を過ごしています。ほかに作家・山田詠美、女優・多部未華子、タレント・壇蜜、脚本家・渡辺千穂、恋愛アドバイザー・DJあおい、そして女優・松本まりかのエッセイも継続。アラサー女性の自分力を高め、人生が好転するキーワードをたっぷりお届けするGINGER7月号。全国の書店、コンビニでお求めいただけます。

『GINGER』2021年7月号
発売日:5月24日(月)
価格:特別定価 ¥850(税込)
発行:株式会社幻冬舎
定期購読はこちらから https://www.fujisan.co.jp/product/1930/campaign/ginger-web/

Amazonでの購入はこちらから http://ur2.link/Yprs
セブンネットでの購入はこちらから http://u0u1.net/X4FG

公式サイト:https://gingerweb.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/ginger_magazine/
Twitter:https://twitter.com/GINGER_magazine
Facebook:https://www.facebook.com/ginger.info/
TikTok:https://vt.tiktok.com/ZSJaehswh/

PR TIMES

「石原さとみ」をもっと詳しく

「石原さとみ」のニュース

「石原さとみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ