人感センサーで節電 「微風からターボまで」の扇風機

5月25日(金)11時12分 J-CASTニュース

羽根を真上に向けることもできる

写真を拡大

   ユーイング(大阪市)は、サーキュレーター(空気循環)機能と人感センサー機能が付いたDC(直流)扇風機「Fando」を、2012年5月18日に発売した。価格はオープンだが、想定実売価格は2万円前後とみられる。



直流モーターを採用

   従来のAC(交流)モーターよりも少ない電力で運転する直流モーターを採用し、最小消費電力3ワット〜14ワット(風量1〜5)を実現した。「やさしい微風からターボまで自在に制御できる」とのこと。


   サイズは35センチ×35センチ、高さ75〜95センチメートル。上部(羽根)を真上に向けることもできるので、サーキュレーターとしても年中使用できるほか、人感センサー搭載により節電も期待できる。


   色は、ホワイトをベースに仕上げた。<モノウォッチ>

J-CASTニュース

「扇風機」をもっと詳しく

「扇風機」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ